トランスメディア提供アイコン01 最後の海外ツーリング 北の果ての海をめざして!!No2

広いフラットダートは80マイルは平気で出せる。が山火事の煙の中もマスクを付けて突き進む
アラスカの山火事は消火活動は無し自然にまかせる。 民家にせまらない限り自然のまま!!

写真は道を挟んで燃え広がる山火事の煙, 写真大きくして,見てこの中を
ガスマスク 付けて 140km/h で 突き抜ける・・・熱いですよ!!

e0003910_2131328.jpg


対向車は5~10分に1台合うぐらいですフラットダートと言っても路肩は馬の背でジャリジャリ
左曲がりコーナーはそのまま進むと砂利の逆バンク,
だから何も来ないことを好い事に日本流左側通行に瞬時切り替えてコナーを攻めます  

カナダから流れてくるYukon川を渡って 給油 給食 もう少しで北極圏です。
e0003910_17461837.jpg
e0003910_17471575.jpg
e0003910_17491724.jpg

とにかく 北極圏突入しました。 次の基地まで明るいうちに・・・・・そうだここは夜がない!!
紹介左から橋本66才青山65才清水63才伊藤71才平田58才 です

フエアーバンクスから420km 走って雨上がりの泥田のような コールドフットと言う基地に着いた「町では無い」 まさしく基地だ アンカレッジから約1000km北に来た 宿と給油所以外何も無い ヘリポートも無いのに 巨大なトレーラーの間にヘリコプター
e0003910_22432628.jpg
e0003910_22441270.jpg

あと山越えで300km走れば北極海だ・・・・Dalton HighWayを 1日で往復出来るだろか?
ダートばかりの600kmは ハードである・・・・・・・
e0003910_22544544.jpg

ここは思案のしどころ, 1日に日暮れは無いが じじいに600km 実は Prudhoe bay つまり海には宿が確保してないのだ・・・・・・Phil は 又今度~と言う・・・・悔しい!
e0003910_23125586.jpg

しかし 無理は出来ない よし!又の機会?あるのかなあ~~ここで止めとこ!冒険の出来る
年齢ではありません 後は引き返してツーリングを楽しもう
e0003910_2319110.jpg

とりあえずは北極まで来たのだし まいっか~ きのうの山火事は燃え尽きたのか燻っている
だけだ昨夜の雨でダートはほこりも少なく走りやすい 420km同じ道を引き返す
e0003910_11575010.jpg
e0003910_11585821.jpg
e0003910_120682.jpg

北極海油田の原油を太平洋岸 Valdesまで送る石油パイプが延々と
私達の走る道に沿ってどこまでも繋がって伸びる 1270km有ると言う
e0003910_12275675.jpg
e0003910_12315183.jpg

Valdeesには5年前 フェリーでセロー225を積んで7時間かけて 流氷の海を渡った。
今度はこのパイプラインに沿って  KLR650で走る。
フェアーバンクスで泊まるのはやめて 横道にそれてChatanikaと言う山小屋に泊まった。
e0003910_10374877.jpg

アンカレッジをスタートしてから3日過ぎました。 US日付けで7月10日 日本を出てからもう
6日過ぎてる 今日は雨だが長旅だ 去年も走った道だ470km ぐらいだったかな。
e0003910_1110541.jpg
e0003910_11112952.jpg
e0003910_11134524.jpg
e0003910_11152574.jpg

到着したのは 5年前にも泊まった COPPOERセンターHOTEL
Coppoer Center 「銅鉱山の中心キャンプ地のあった場所」裏の川ではシャケが釣れる
雨がスコールのように降ったり,  真夏の太陽が照りつけたり  雷にも追いかけ
られて怖かった・・・・・・しかし北より南に戻って寒いのはなんでかな~~
長旅の疲れを癒してくれたHotel の受付の娘,
e0003910_1127984.jpg

娘だけでなく アラスカ ファイアーウイドーの花も うつくしいです。
e0003910_14561545.jpg

7/10?かな? 今日は港町 Valdees まで170km弱 トンプソン峠を越えて走る
だけ Hotel についたら 流氷のPrince William Sound 観光船に乗る。
昨年はスワードから 氷河崩壊を見に外洋に出る観光船に乗り 船酔いで青くなった
今年は コロンビア氷河だから湾内だけ6時間, 心配ない。
e0003910_1592323.jpg

付き合い36年橋本さんもいつの間にか66才 立派にじじいになってしまった。
トンプソン峠は霧だった チュンガッチ山脈は見えず。 峠をくだると
ブライダルフオール と ホーステールフオールがValdeesの玄関の様に落ちている
e0003910_13121182.jpg
e0003910_13134759.jpg

コロンビアグレーシャー観光船はHOTELの脇からPM12.30発だシャワーも
ソコソコに5人は嬉々として乗り込む。 6時間の観光です。
e0003910_13221361.jpg
e0003910_13235461.jpg
e0003910_1325285.jpg


猛烈な流氷でグレイシャー崩壊の近くまではとても行けないようだ,昨年は別の場所
で500mぐらい迄近づいて 崩壊の轟音を体験したのだが・・・・・
ここは氷河の終点の面が360~410mあるそうで 近年活動が活発で
その速度は1日7~10mの崩壊 1日の最高崩壊量は2000万トンに成っている
だから凄い流氷で 氷河の先端から3~5kmまでしか観光船は近ずく事はむり。
だが64kmのコロンビア大氷河 何時の日か消滅???なのかあ~~

e0003910_22204546.jpg

e0003910_22212450.jpg

この氷でAM2.00まで Bob(サポート運転手)と語り???明かした人がいて。

さて今日はまたチュンガッチ山脈を越えグレナーレンまで引き返しシープマウンテン
まで350kmほどの行程だのんびり行こう。
テキサスから来たアメリカン魂野郎に逢った凄い荷物・・・・・
e0003910_21274333.jpg

ここはトンプソン峠をおりたとこにある ウオーシントングレーシャー公園
e0003910_21295958.jpg

シープマウンテンに向かう途中から。細い山道を登り高台に着いた360度ミドリの草原
に見える? 湿地帯かもしれないがアラスカ美だなあ~~
e0003910_21372530.jpg

e0003910_17394013.jpg

e0003910_21425394.jpg

5日目だ昨年も泊まったシープMtロッジ。 疲れた晩メシまで昼寝・・・・・・・・

さて今日が最後のツーリング アンカレまであと260キロ 朝はゆっくり起床
昨年チュウンガッチから流れる??氷河を探検に出かけたが 増水で橋が流れて
たどり着けなかった。 今年こそはいくぞおお~~~~

e0003910_17434875.jpg
e0003910_17443699.jpg
e0003910_1745730.jpg

氷河は遠くから見たのが よろしい様で
e0003910_17473410.jpg

スタッフとライダー 全員集合 最後の夜の パーテー!!
e0003910_1732201.jpg


はて 満足した旅でした  しかし北極海  海見てみたい気はするが・・・・・
[PR]

# by sizuo71 | 2018-07-07 11:09 | アラスカ北極圏突入 | Comments(11)

トランスメディア提供アイコン01 積年の望み叶った! 権現谷通過 !

昔から伊勢から近江に山越えする峠は大安からR421石榑峠
藤原からR306 鞍掛峠 「ここ数年通行不能」
湯の山から御在所 を通過する 鈴鹿スカイライン・ 亀山から鈴鹿峠。

       岐阜県養老郡 『上石津から時山からの林道』

時山村から多賀神社までの山越えは戦時中ここに疎開していた10才の頃から
興味が有ったが子供の足ではとうていむりだった。

バイクに乗るようになってこんな時代に挑戦したが途中で道が無くなってた。
e0003910_1117235.jpg

ヤマハのAT-125時代にも 途中で 猟友会の漁師に追い返された。

昨年から今年にかけて 時山から滋賀県に2度山越えしてるが,
まだ思ったルートを 通過してなかった。

2018・6・17
二人合わせて 164歳 昔のTRIAL仲間 じじいで早朝から 挑戦した・・・
e0003910_11263747.jpg

軽トラに モンテと PCX 積んで・・・岐阜県養老郡上石津 時山まで80キロ
e0003910_11303331.jpg

80歳を超えると ラダーも バリヤフリー が必要です
e0003910_11312899.jpg


e0003910_1139884.jpg


e0003910_11402464.jpg

   五僧峠で 自転車隊にあう 関が原から 2時間以上 ここから引き返すと言う
e0003910_11405657.jpg

e0003910_11411496.jpg


五僧 峠にあった 廃屋 どうやって? 建築資材を上げたのだろう?
トラックが入れる道が出来たのは H22年だ?
e0003910_11455931.jpg

中に入って 見たら こんなスキー道具があった  これは時代物だ!
e0003910_11481653.jpg

もしかすると 彦根側からは 街道が有ったのかも?

滋賀県側に坂道見つけて 地道を ガリゴリ登ったが 砂防堰建設道だった(汗)
e0003910_11592152.jpg

e0003910_11594125.jpg

この後 権現谷を探して走ったが, 保月・鞍掛峠の彦根側に出て引き返す・・・

やっと見つけた 林道標識 ところがここで 私が 手袋の上から 虫に刺された・・
e0003910_1231940.jpg

痛みは 1時間ぐらい 痺れが2日 ナニに刺されたか 不明。
e0003910_20124744.jpg

その上 相棒のモンテ タンクに混合入れるのを前日 忘れて居て・・・・・
予備に持って来ていた 1Lを 使い果たし  tha end (笑)



次の週 雨が多かった F/B に顛末をUPして リベンジのサポーターを探した。
60才のTRIAL仲間 班長が 行くよ と言ってくれたセロー250で 
BMWの仲間の 若手 大ちゃんも 1200GS アドベンチュアーでサポート 
と手を挙げて呉れた。
そうなると 私も 1200GS て事になるのだがステップをアルミに換装中
しかし 単巧堂は 夏は仕事が遅い(暑いから)
  

結局 BMWは間に合わず 私はPCX  班長と大ちゃんは クロスCab
梅雨の晴れ間 無く 始からカッパで着用で。 
 
 『6/24 』      早朝6時 R302を走って、あま市→ 海部市 経由
養老→ 一之瀬ー(上石津)  朝早いから 一之瀬 には 8時前に到着

e0003910_21302090.jpg

トンネル手前で立ちションタイム,今日はトンネル通らず 昔名高地「高い道」を行く
途中, 牧田川に降りる道があって キャンプ好きの2人に案内。
e0003910_21335092.jpg

e0003910_2134637.jpg


上石津では グリンTRIALのキャンプ場 & 私の友人宅(ガソリンスタンド)
我が家の先祖の墓 ・ 経由時山に向かう、

目的 地図 時山から五僧 & 計画地図を張ります 『写真はクリックで3倍』
e0003910_21395999.jpg

五僧から 水の無い沢を下って 権現谷を下る, 落石の散らばった道をくだる

途中 オフロードバイク 4台が5僧に向かって上がって行った。

e0003910_9142617.jpg

e0003910_9164054.jpg


e0003910_19564335.jpg

e0003910_19571966.jpg


e0003910_1931486.jpg

e0003910_1932741.jpg

PCXはホイルが小さいので 落ちてる小石でも 舗装路では注意しないと 危ない
暫く2キロ? ぐらいで 突然沢が 湧き水で流れるのに気が付いた
e0003910_9244946.jpg

ここで 3人で写真 三脚立て セルフ  コノ間にがけ崩れの音が あったらしい!
ただ私は耳が遠いの聞えなかったが 2人は早く『この場をのがれたかった』
と f/b で書いている。
e0003910_9291171.jpg


危険地帯は 早々に逃げ出す川幅は広くなってこんな 鍾乳洞にたどりつく。
e0003910_1937946.jpg

意外とすんなり降りてきた と言う感じ。 この時は先の 難所を知らない!
e0003910_19373364.jpg

伊吹・養老・鈴鹿 山系は何処も炭酸カルシュウムの産地こう言う場所は当たり前

ここからR7を 芹川ダム近くまで行きすぎて、Uターン
栗栖?からR139 を 四手  河内をへて アサハギ谷の出発点まで戻る!

入り口でハイエースの叔父さん「イケルカナー?」 自転車のおじさんは行ける!
とり合えず谷に入った トタン 急勾配のヘアピン 古いコンクリーは苔緑
コレ 1200GSで来ていたら ジジイの手に負えない。 
二人も BMWで来なくて良かった。 となぐさめあう!!!
ヘヤピンの写真撮る余裕 ナシ!

e0003910_2224351.jpg

e0003910_22245644.jpg

  この道が出来るまでは 獣道だったに 違いない
e0003910_22253996.jpg

e0003910_22261878.jpg

e0003910_22264178.jpg

途中お寺と 4~5軒 の家と 祠が あったが 人を見たのは 2人だけだった
e0003910_2227157.jpg

このお寺 無人に見えたが? 防犯カメラが設置してあった?
e0003910_8101183.jpg


やっと辿り着いた あさはぎ谷 スタート地点 緊張とのんびりした休憩で2時間
e0003910_819139.jpg

e0003910_848894.jpg

お昼 五僧から時村到着 帰りは員弁から南濃・海部へ山越え
e0003910_8261717.jpg

           念願のツーリングは 50年来の夢が叶った

廃道と言うのだろうか?今も自転車やバイクが通るから旧道なのかな?生活のにおいはしない。
県境の五僧の2件の廃墟の中には電気冷蔵庫が外には洗濯機やプロパンボンベが転がっており少なくとも昭和の臭いはあった・・・・
e0003910_8381615.jpg

e0003910_8394160.jpg


帰って 班長が面白い 文献を送ってくれた。

2001 記

今の様子からは考え難いが、『時山』から『五僧』そして『杉』を経て『八重練』から『彦根』や『多賀』へ至るルートは「五僧越え」と呼ばれ、峠の看板にも書かれており、『保月』に至っては100人近くを収容できるような宿まであったらしい。また、有名な話だが、この「五僧越え」は「島津越え」ともいわれる。 関ヶ原の合戦で破れた西軍の武将、島津義弘が敵軍(東軍)の中を大胆にも中央突破し、美濃の国から国境の五僧峠に出て近江の国に入り、近江の国の小林新六郎の案内で高宮の河原で一泊して翌朝、信楽を出て堺まで行き、そして船で薩摩に帰ったところからそのように呼ばれている。この史実に因んで、島津義弘の郷里の鹿児島県伊集院町では、夏休みに関ヶ原から五僧峠を越えて堺まで160kmを五日間かけて歩くという「関ヶ原踏破隊」が企画され、昭和35年を第1回とし、毎年実施されてきた。開始当初は参加者を中学生以上としていたが、第19回(昭和53年)以降は小学生や中年層の参加も認められ、行程も二日間で多賀町までの150km踏破と改められている。今も続けられているのかどうかは確認できていないが、されているのなら一度是非見てみたい。

それから1週間 昨夜西濃地方 豪雨有りました 2018・6・29 多分権現谷は「がけ崩れ」 
入山 要注意!!!!









・・・・・・・・
[PR]

# by sizuo71 | 2018-06-25 12:05 | 2018の 旅 | Comments(2)