トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:静じいのオトキチ仲間( 35 )

トランスメディア提供アイコン01 マニアックで自虐的 な 古いオートバイ を走らせる

いつもの顔ぶれ。 今日は お土産が五平餅、、、集まる場所は
普通 モトクロス場 のテントの下なんだけど・・

今日は、岐阜県郡上市 美並アゴスリーニ・ガレージ 気温24℃ベスト・コンデション!
到着・・・ビンセント500コメット & これまた, 慮外な水冷DOHCR1200R
e0003910_851464.jpg

待ち受けるのは 車検取立て 1976年日本初市販の MV750S 
e0003910_8561739.jpg


こうして並べると ヤッパリ R100Rは じじい向きだなあ~~
e0003910_8591035.jpg

e0003910_10141568.jpg


コメットさんのお土産、五平餅を食べながら、1970年代 から の全日本&海外のモトクロスレースのDVDを見ながら 大はしゃぎ・・・・コノ人達 還暦過ぎても モトクロスを楽しんでる。 若干若い と言ってもYAMAHAワークスは 除隊 今は2輪安全指導員 「コンコルド 藤」さん 只一人の職業オートバイ乗り。 ちょい昔話を解説してくれる。。。。
e0003910_915492.jpg

e0003910_9162329.jpg

e0003910_9164039.jpg

e0003910_10154796.jpg


おしゃべり2時間, 帰り道は4台で 1ッ山越へ金山へ~~~
アゴスリーニMV 750S の案内で  R100R・ビンセント・最新型R1200Rで走る!

これはアゴスリーニ氏のツーリングBMW 空冷1200GS, 私のと同じだが08
e0003910_103224.jpg

こいつは 私の 空冷だけど 4年古い 2004
e0003910_10354075.jpg


  さて 出発 !
e0003910_1051731.jpg

   峠には片側車線規制が多い
e0003910_107575.jpg

後ろから ビンセントが 来る 後ろに廻って  排気音聞きたいなあ~~
e0003910_10105098.jpg


e0003910_10162599.jpg



ここでお別れ, 我等はここから美濃へ 藤さん と 東濃ベンチャーズコメットさんは
白川から 恵那へ  さらに 藤さん,は何処を走るかしらないが 下道を・・浜松まで。

e0003910_15481698.jpg


私はMVに付いて 美濃市まで MV右折 私は左折 美濃太田・・リトルワールド・・・
ここで 大渋滞何事? と前に前に進んで見れば 軽ワゴン転覆  
普通車側面ペシャンコ。。。ドウシタノ?  横目で見ながら素どうり・・・・

往復  たった170km/Day  の楽しい ツーリングでした。
次回は プラス BMW  R26  R69S  R50  と 一緒に走ります。








・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sizuo71 | 2018-09-25 08:59 | 静じいのオトキチ仲間 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 BMWとの長~いお付合も48年になりました。

そもそもBMWに初めて乗せて貰ったのは,名古屋コマンドクラブ時代でR69sだった
まだ私はXS650に乗っていて憧れは Triumphボンネだった。
初めて乗ったR69sは
コーナーリングでアルズのフロントが思うように操作できなかった。 1970年以前だ。
e0003910_7473081.jpg


先輩の紀州のトラ、塩崎さんに白いタンクのR75/5を借りて乗ったのが 2回目
『伊藤くん、 これ買わんか?大陸の輸入1号 R75やぞ』 とすすめられ・・

e0003910_11194261.jpg
37才の時だった・・この写真はまだ私のBMWでなく・・・先輩の物 2回分割で手にしたのは
1年後 1973年だった。   『1970年型』
e0003910_11255459.jpg
思い返せば37才 TRIALに夢中だった頃だが BMWに乗るとラリー仲間だった
大阪のフラットツインクラブの橋本さんの所に良く出かけるようになり。

R60/5もおすそ分けで入手, そしてコマンドクラブ経由で名古屋ユニクラオートから
また1973のロングホイル 75/5を格安で買ってしまった・・・・ 1974年頃

e0003910_13231668.jpg

e0003910_13241139.jpg


私お金持ちでなく普通のサラリーマンなので・・白い75は コマンドクラブの仲間に押し付け
黒いR60/5 は TRIALの仲間に押し付け  ロングホイル75だけ残した・・・

所が 今度は弟の知り合いが 夜逃げの必要があるので BMW買ってやってくれんか?
e0003910_13304623.jpg

 1973年の 銀色の 75/5 半値以下で引き受ける事に
e0003910_13331126.gif

で・・・暫くのって 友人のバイク屋さんに90万円で 引き取ってもらう

そして出たばかりの R90S を フラットツインクラブの仲間から購入・・・
e0003910_13425313.jpg


その頃1976年か?又 R100RSを並行輸入した友が 足が届かないから乗らんか?

初めてのBMWの新車 「並行だから174万 『50万近く安かった」。 
大阪で速度警告装置と登録で+10万円
試乗もしないで買ってしまった。。R100RS 。。

e0003910_13515197.jpg


しかし 90s から 100RSに乗り換えると その重さ 初めての短いハンドルに閉口
そもそも R100RS と 90S を持って乗り較べるから駄目なのに。
長くは乗れなかった,平行で174万円で 買った 100RSは 同じ値段ですぐ売れた

そして2代目 90Sに 逆戻り。  『1977年頃』
e0003910_1415321.jpg


e0003910_1461850.jpg


この90Sは やっと落ち着いて 10年ぐらいは、乗ったかな? で停年の1994年までは
勤務の都合や Golf に気をとられ TL125 だけで10数年 BMWの事は忘れていた。

1994,7,18日 定年退職

嘱託の依頼を平身低頭お断りして イーハトープTRIALへ アメリカツーリングへ・・・
退職祝いのお金に家内がお金を 出してくれて 久し振りに 1992のR100Rを買う
e0003910_141754.jpg

しかし・・・このスタイルが わかい還暦ライダーには 気に入らず

あっという間に 1992 の R100RSに変っていた。
e0003910_1420558.jpg

ところが こいつ持病の 減速時にフロントが 思い切り振れる・・タイヤをダンロップにして直ったが

1年経たない内に 1988年の アニバーサリー100RSに交換していた。
モノショックになって 100RSは 実に素直なハンドリングに成長していたが 真夏には乗れない事が分かった。 真冬は天下無敵だが・・・

e0003910_15411693.jpg

この100RSとは高速道路が2人乗りOKになって 長く乗ったなあ~~
e0003910_15501098.jpg


BMWが 4バルブ や 4気筒を出した頃は興味が無かった。 Triumph を4台もガレージに並べBMWはガレージの奥に眠ってた時代が5~6年あった。。。。
e0003910_169873.jpg

e0003910_176764.jpg



が或る日突然この可愛い 風貌に魅かれて R1150R を買ってしまった事もあり
e0003910_16131475.jpg

ヨーロッパで レンタルした 650GS に興味をもって アドベンチャー買って 苦労をしたり
e0003910_1791953.jpg

新車を 買いそこなった 80ベーシックを 中古で買ったり  
e0003910_1714203.jpg

安いからと 友人から 100GSも 買って見たり。
e0003910_17171512.jpg


2度目に買った 80ベーシックは 名古屋から大間 竜飛岬 不老不死 蔵王 と仲間で廻った台風の中
e0003910_1911374.jpg

2002年

近所の仲間が 80/GS を買ったのが切っ掛けで
e0003910_19141846.jpg


同じエンジン 同じフレームの 80STを探して 購入
e0003910_19223386.jpg

乗り較べて見ると ベーシックは R80のエンジン 80STは 80G/Sのエンジンで ピクアップ重視
ベーシックは ツアラーだった・・・わたしは 80GSには乗っていないから 80ベーシックとの比較は分からない とにかく80STは 昨年 2017まで乗って居た。
e0003910_19422977.jpg


その一方で 2006年に 1978の R100RS Mラインスポーツを手に入れた。
e0003910_1951983.jpg

e0003910_1954199.jpg


続けてツインショックの1984 USクラシック をバイクを降りるクラブ員から譲り受けたが・・・・
e0003910_2192211.jpg


2004年の 1200GSが 近くの バイク屋で見つけてしまった。 試乗すると ハンドリングが素直で
80STと遜色なく ひらりひらり  ドーシテも欲しくなってしまった。

e0003910_21152692.jpg

大きなパニヤをぶらさげて 北海道 九州 良く乗り回した。 欠点はセンタースタンドが1人では立たない。
昭和新山   往復高速 帰りは青森から春日井まで12時間で帰った, 1000円時代
e0003910_1124918.jpg


コンナ時期もあった R1200R がよさそうな気がして・・・GSを手放す気に成ったころだ
e0003910_21404065.jpg

R1200R は GSよりは軽かったがハンドル巾 が広く 思った期待に答えて呉れなかった。
e0003910_21454127.jpg


そして フラットツインクラブから 乗って見て気に入ったら 200万でと・・・
e0003910_21482064.jpg

e0003910_2150891.jpg

1957 の 50S がやってきた・・・・が・・・

やはりアルズフオークは 苦手 1ヶ月 試乗して 橋本さんに返した・・・

04の黄色の1200GSは センタースタンドを1人で立てられないので 08に交換した

e0003910_11104021.jpg

e0003910_11132356.jpg


TRIAL仲間の秋田の平塚さんが R75/6を手放すと言うので 
秋田まで飛行機で受取りにこれは還暦トリオ の男鹿半島ツーリング
e0003910_1411331.jpg

その6年後 75/6 を引き取ってかえり 
e0003910_14112493.jpg

その後  こんなガレージ状態も 有りました。
e0003910_14114675.jpg


しかし TRIAL練習やスクーターで こんなのが続き すべて手放す事に・・・
e0003910_105044.jpg

e0003910_105246.jpg


そんな決心も半年もすれば又 びょうきが・・・軽いのならいけるでしょ~~とG650X
e0003910_10101455.jpg

e0003910_127173.jpg


お仲間から R1100RS  なぜか色違いの R1100RS と何となく又 台数が増し・・・
年齢も80歳を通りすぎ・・・・
e0003910_1026762.jpg

e0003910_10265689.jpg


それも イマイチ 気に食わず 2015年 暮れ 2010年アニバーサリー DOHC
1200GS を ご近所さんに 譲ってもらう
e0003910_1213122.jpg

想像通り 重い・・・無駄な馬力・・・しかし私は これを一生の宝にと 決心した。
e0003910_12164253.jpg


その秋 秋田男鹿の友の墓参りの帰り 乗っていったPCX150の アクセルワイヤートラブルで
一戸で 自損事故を起こし。 コンナ状態で 帰り着いたのです。
e0003910_20251888.jpg

帰ってから コンナ関節が折れているとはレントゲンでヤット分かったのです。ココよりも
全身の打ち身 擦過傷のほうがすっと痛かったので
手術で又チタンプレイトの数が殖えて 1200cc のクラッチ握れなくなる・・・・

それでも2017のお正月には 富士山 の写真撮りに 東名高速往復で最後のGSツーリングを慣行しました
e0003910_20353892.jpg


折れた左の親指 ではクラッチ握るのが 非常につらく・・・2010アニバーサリーは近所の定年退職の60代に引き継がれました。 夏には 80STとも 別れ ついに スクーター老人に。。。。

しかし・・・8月に グループツーリングした仲間に以前私が 押し付けた08の1200GSが・・・・・
浅間記念館の駐車場の 広場で チョット借りて乗ってみたら  乗れた まだ行けるではないか?
e0003910_2153847.jpg


といっても 1200GSは少し 83才のジジイには 敷居がたかったので 10月に昔乗った事の或るR100Rを オークションで即決で 落としました。
e0003910_20491913.jpg

60歳の頃は 気に入らなかったデザインも 83才の目には まあこんなもんか!!!
e0003910_212989.jpg


と2017年暮れ12月 隣町の68歳が 長く乗って来た04 のGSを降りると 耳にした
すぐ会いにスクーターで行って ひと目惚れ! 85000kmを越えてる04だが
オーナがトヨタ自動車のエンジニアで 非常に手入れが良く無傷で静かな空冷,即決めました
2018・1・5 に 陸自開場の日 名義変更。
e0003910_2115884.jpg

1/7には 試乗に 三保の松原まで 往復  
e0003910_2305855.jpg


1973年から1994年までに 8台
1994年から2018年までに 22台 
思い返して見ると 沢山乗り継いだ中で 赤鼻・80ST・1200GS がキラッと光っていた。
新車を買ったのは 1976年並行輸入R100RS だけ 余りお金を無駄に使った気はしない
おおきいバイクでは 1度もコケテないから 生きて居る

Triumph & TRIUMPH では6台にお金が掛かった気がする。
Dcati 3台 のうち ムルチストラーダは 思い出に残る
ことしは もうすぐ 84才 せめて85才まで  1200GSに乗って居たいと思う。

2018・3・27

書き忘れ・・・大型に乗り始めて 1959~~2018年  1度も公道で転んだ事はありません。
大型で転んだら まあ 84才まで 乗ってられなかったでしょう。 
骨折は沢山してますが・・・・ホトンドが TRIALの 練習中に やったものです。

安全運転は 心がけて走っております。








・・・・・・・・・・
[PR]

by sizuo71 | 2018-04-14 08:38 | 静じいのオトキチ仲間 | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 浅場 啓二 逝って 10年が過ぎた。。。。

e0003910_8144288.jpg


平成20年1月27日夜 「浅場さん」 が交通事故死された・・・・
平成30年2月12日  浅場氏 が逝って もう 10年が過ぎた・・・・・

なんとショックな出来事でしょう。 あれだけレースでコケテも 怪我もしなかった
浅場さんが・・・・・・・ しかし事実でした, なんて~こった!!   

朝 2時間も前に式場について祭壇に高く積まれた お通夜の香典袋の数をみて
お通夜にこられた 方々の数が 凄かったのがわかりました。

    浅場さんの 奥様から追悼のしおりが でております。

『これまで出逢った全ての皆様へ 心から感謝申し上げます』
夫は若い頃からの オートバイ好きが高じて,今ではそれを仕事としておりました。
毎日好きなバイクに触れ  エンジン音に耳を傾け・・・・中略

自分のこだわりには 決して譲らない 頑固さを持ちつつも 人を楽しませるためには
苦労を惜しまぬ 温かい人でした。飾らぬ言葉と明るい笑顔で家族を照らしてくれましたが

皆様のお話を伺って居りますと 夫は私達の思う以上に多くの方々から慕って頂いていた
事を知り ただただ驚いて居ります・・・・・中略・・・

夫は本当に良い人生を駆け抜けてきたのだと感じます
皆様にお礼やお別れの言葉も言えぬまま 旅だってしまった 夫に代わり
生前のご厚情に深く感謝を 申しあげます。 ありがとうございました。

e0003910_8212070.jpg

浅場さんの 88をコースに押してゆく 江崎さん。
e0003910_8215173.jpg


     浅場家 御遺族たち
e0003910_20585624.jpg


  BMW神宮寺さん 八重洲出版福島さんの顔も見える。 A・ミーチィングの方々も

e0003910_21251655.jpg


お別れに行って参りました。 告別式会場は 入場出来ない方たちが 外にあふれて
いました。 トラの浅場だけでなく 各方面から幅広く 別れを惜しむ方で 一杯でした

若者達は 霊柩車の後を バイクで追いました 20台は居たと 思います。
彼等が申し合わせて。 やって来たのか どうか?分かりませんが 他県ナンバー
ハーレー や カワサキもまじっていました。  ドライアイの私の目から涙がとめどなくながれて 困りました。

e0003910_211562.jpg

   このTR-6は 浅場さんが カーグラTVに出演の「心象元」と言ってたトラ
   今わ愛弟子 T くんの 宝物。
e0003910_21272110.jpg

浅場さんって  幸せものかも? こんなに惜しまれて・・・・・
e0003910_2220024.jpg

e0003910_21281319.jpg



e0003910_19251768.jpg

e0003910_9425129.jpg


事故の場所わかりました田園調布だそうです。世界一速いトラ男はTriumphと共に逝った。
交差点の事故だったそうです。

e0003910_10162796.jpg

富士スピードウエー MCFAJクラブマンレースにて。↑06年  ↓07年
e0003910_18524142.jpg

ヘアピンを 行く 88番  これは「永久欠番」にしたいなあ~~
e0003910_203463.jpg

2006 11月   伊豆雲見温泉   Triumph  忘年会 
e0003910_124299.jpg


今年からは 浅場さんをしのぶ会として11月 浜道楽に集まっています。

e0003910_8234671.jpg

           06 11 堂ヶ島にて。

タイムトンネル 2レース 優勝の翌朝  まだ二人共 70才前だったなあ~~~

e0003910_217661.jpg


e0003910_2173360.jpg


Tra 男 浅場 逝きて 10年が過ぎて行った。 









・・・・・・・・・・
[PR]

by sizuo71 | 2018-02-12 19:00 | 静じいのオトキチ仲間 | Comments(28)

トランスメディア提供アイコン01 53年振りの スズカサーキット 走行 4月30日

スズカサーキットが 出来た1963・3月 中部MFJの主催で 500km耐久があった。

耐久レースは スピードより オートバイの耐久性を 競うのだから 速くない大丈夫だから出よう。
しかし、行って見ると相手は MCFAJ で名を売った,生沢だとか田中健二郎スクールの 大月・加藤・田村

勝負になるわけもない,勝負する気もなく,ノービスのライセンス講習でもらって 1日だけの練習
3月の鈴鹿は寒かった。 翌日のレースも  日本で始めて耐久レース 4時間30分 寒かった。

e0003910_1937696.jpg

それから53年 TRIAL仲間の誘いで  走行会に出てみる事に成りこの日を待っていた。

もう乗れないと言ってって 先月手放した BMW1200GS 今月又 思わぬ成り行きで手に入れていた。
コレはこいつで走らんと、死に切れん。

                      1963 YD-Sで走る私27才
e0003910_19475895.jpg

             2016 4 30 BNW1200GSで走る私 82才
e0003910_19594685.jpg

e0003910_200589.jpg


当日朝 TRIALの三谷モタースポーツに 8時半集合の約束だが。 鈴鹿=渋滞 家を6時すぎに
でてしまった。 鈴鹿に到着は 早かった。  店は開いてません。
e0003910_2082256.jpg

やがて 相棒中山さん親子。も到着
e0003910_20103018.jpg


嬉しくてしょうがありません。 約束を破って 早々にサーキットに・・・・・行った。

e0003910_20154447.jpg


e0003910_20161497.jpg

猛烈な数のバイク・バイク
e0003910_20164035.jpg

1回目のラン2周  先頭固定 4輪の先導車・・・・・・だが  最後尾から出て 途中で抜いてゆく
53年の空白は無い TVの映像でレースのライン取りは 毎週見ている
e0003910_2025050.jpg

e0003910_20251520.jpg

                  片手のデジカメ メクラ撃ちでも 運よくデクナー当りが撮れた
e0003910_20254697.jpg

S 字ヘヤピンを 動画で撮ったが・・・処理の仕方が分からない?
e0003910_1203850.jpg

e0003910_1205874.jpg

 1Rの 終わりに 中山さんが 撮ってくれた。
e0003910_1225175.jpg


               1R  終わった所で やっと小酒井さんと 会った!
e0003910_1232387.jpg

               お昼前にもう2周廻って もう1Rと思ったが あまりの混雑でやめました。

サーキット遊園地のほうに TRIALデモを 見に行くと もうスペインに帰ったと思ってた 藤波くんファミリーにバッタリ 一緒に 小川くんとアキラくんの デモラン を見ました。
e0003910_129262.jpg

WAKAと 会うのも幸田サーキット誕生会以来 1年振り
e0003910_12141381.jpg


e0003910_12162965.jpg


e0003910_13115489.jpg


e0003910_13121749.jpg

お昼ごはんは「伊勢うどん」+天ぷらちくわ まいう~~

夏日になった鈴鹿遊園地 歩きすぎ両膝が 痛くなる

最後に ロシア製の 「ウラル」って サイドカー写真写す 元 『ドプニエール』 は動輪とカー側とがシャフトが直結で 2輪駆動で なんとも運転に苦労してたが 「ウラルはカー側をフリーに出来る」らしい・・・

e0003910_13223242.jpg

最新型を愛用する ブラット・ビット らしい(拡大してよく見て)
e0003910_14113774.jpg



こちら  ソ連時代の ドプニエール  中国 の長江

e0003910_1326563.jpg

e0003910_13262255.jpg


e0003910_13264086.jpg


昔のドプニエルについて Wikipedia で 検索してみました。

旧ソ連、現、独立ウクライナに存在する「キエフオートバイ工廠が製造している,BMW-R71のコピーバイクで。諸元は旧ソ連、社会主義体制時代に作られたモデルであるため、ウラルの従兄弟ともいうべきバイクで、デザインなどもソ連時代まではほとんど同じようなデザイン、規格であった。後にソ連が崩壊し、ウクライナが独立、KMZ社という民間会社として独立してからは独自路線のデザイン(といっても戦後のBMW-R50系統のコピーのようなデザインではあるが)機構を持つバイクを製造するようになった。KMZもウラル同様2輪駆動型のサイドカーを製造しているが、ウラルが側車に斜めに伸びたプロペラシャフトを使用した2輪駆動機構を使用しているのに対し、ドニエプルは車輪から側車まで垂直に伸びたベアリングシャフトを使用しているのが特徴である。この形式はBMW-R75型の2輪駆動により近い機構である(尚、現在のドニエプルは「ロシア製」ではなく「ウクライナ製」である)




2016・5・2  明日は GATTI TRIAL 教室。
[PR]

by sizuo71 | 2016-05-01 18:05 | 静じいのオトキチ仲間 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 あきらめの悪いじいいに,1200GSアドベンチユアー

縁を切ったばかりのBMW1200GS なのに.

付近の裕福な団塊の世代が 2人も 1200GSの新車を 購入  乗って来た。

アラマア~~アドベンチャアーーー
e0003910_10101860.jpg

アラマア~~K&H の ミデアムシート
e0003910_1012222.jpg

アラマア~~~足  とどく~~う
e0003910_10132117.jpg

うっはあ~~ドカテイ並みの 馬力 加速  やばい!!!!
e0003910_10154916.jpg

わああああ~~~ドボジテ・・こんなにい・・・・2階建てのBMWに 未練がのこるの?
e0003910_10171278.jpg


ちょっと 一緒に走ろみゃあ~~~~
e0003910_10182340.jpg


そんなことで 走って 回転寿司 食べて  ひとりで熱くなった  頭を冷やす。


3月21日
3回目の 雪の御嶽山 撮影に 郡上TRIALクラブの 案内で 美濃市の山に登る
私は雪を冠った山が大好きだ。  
下の写真は 5回も通って やっと撮った アラスカのデナリ(マッキンレー6,194m)
e0003910_10303090.jpg


e0003910_1035484.jpg

やっと 撮れた 水蒸気を上げる 御嶽山 3067m
e0003910_10385676.jpg

となりには 乗鞍も 並んでる。
e0003910_10422541.jpg


もう少し進めば 白山も 見れる
e0003910_1044363.jpg

大満足 なんだけど・・・・ココは どこ?

e0003910_10454179.jpg

岐阜県美濃 高賀山だそうです・・・・・遠く郡上八幡が見える
e0003910_2073649.jpg


このまま下ると 板取川です が 道には雪解けのがけ崩れの瓦礫が散乱 行けるか?
残雪も路肩に 流れる水が 氷付いて ツルリ・・・・もあり それでも郡上TRIALクラブは下る・・・
工事中のゲートの脇抜けて・・・・・好きだよね~こういうの私も 『しかし』
e0003910_21373841.jpg

これは どうやっても  無理でしょう (笑)
e0003910_21385519.jpg


しかし満足 マンゾウの 1日でした。 こんなに登っても PCX150は 46km/L いいね



3月26日
    
友遠方より来たる。  4日前千葉をスタート
1ヶ月かけて  西日本を廻ると 言う。
e0003910_18533091.jpg


e0003910_18535334.jpg


その夜 昔の上司宅にて  飲む。
e0003910_18551073.jpg


e0003910_18554199.jpg


翌朝  名古屋城  熱田神宮 から 伊勢に向けて出発。
下関から 萩にたどり着くのは  いつの日か?

e0003910_1859081.jpg



早速ここで タチゴケ。 先が不安・・・・・・・・・

夜8時 伊勢から電話 土日は ドコも泊まれない困った・・・『高速使って松坂市まで戻れ~』
[PR]

by sizuo71 | 2016-03-25 09:26 | 静じいのオトキチ仲間 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 2015 2  8日 雨の中 開田高原へ

           朝 バイク仲間の公ちゃんから 何処か行こうか?電話

今年は未だ バイクに乗ってない 100RSと別れたから 冬はMVやG650Xは 寒くて乗って出る気が起きず
遠乗り用に買った1100RSも 未だ 気に入るまで整備未完だ・・・

雨は本降り。 車だな11時公ちゃんやってきた。 「何処 行く?」   「蕎麦食べにいこ。」 オウ!

彼は3月始に 肝臓ガンの手術ひかえてる・・・・「この世ともおさらばかも知れん 食いたい物は食う」
「行きたいトコは行っとく」  『まあそうだな納得 下手な気休めは言える自分でもなし』

R19を 多治見 恵那 中津川, 雨は雪に変ってきた予想通り
e0003910_109441.jpg


雪の中 JR中央線 特急しなの が追い抜いてゆく・・・・・
e0003910_10154382.jpg

木曽の道の駅で 何やら買い物・・・
e0003910_10211096.jpg


オイ!蕎麦どこで食う? 「開田」 『ん? これ四駆か?』  「4輪スタットレス」 『ああそうイコ!』
木曽福島過ぎて 開田高原に行く橋をわたると・・・・
e0003910_10571144.jpg


e0003910_1058553.jpg

e0003910_110925.jpg

「たしか・・・ガソリンスタンドの手前を??」
e0003910_1102968.jpg


『ソフトクリーム屋の近く?』  「?地蔵峠の前だった気がする」  困ったぞ !
e0003910_12153649.jpg

よー降っとるな~ 帰り大丈夫だろか?

あ! 有った
e0003910_1219240.jpg

e0003910_12193391.jpg


e0003910_12201051.jpg

e0003910_122037100.jpg


e0003910_1221959.jpg

中は暖かいが 外はつらら
e0003910_12223458.jpg

私は美食家で無いから 本当言うと そばの味はようわからんが。 ここの蕎麦は蕎麦粉の味?がした
確かに,雪の中往復300キロも 走って連れて来て呉れるだけの事がある。
e0003910_12411430.jpg

e0003910_12414959.jpg


年の差 7才 中学は名古屋市立前津中 の先輩後輩  81:74
e0003910_12421538.jpg

e0003910_12424346.jpg


「オトキチ仲間」 私がクインロケット200ccの時 公ちゃんは高校2年でYD-1 250ccだった。
それから 56年  彼は今 R100RS。  癌手術克服してくれ。。。。。。。。
e0003910_1542432.jpg

上の写真  私左端 と公ちゃん 以外は もう居ない・・・・1957新舞子
e0003910_12593281.jpg


2015  2  9 記
[PR]

by sizuo71 | 2015-02-09 10:09 | 静じいのオトキチ仲間 | Comments(1)

トランスメディア提供アイコン01 静じい80, 最後の, 男の道楽 MVアグスターブルターレ

昭和32年自動二輪免許取得から。
60年幸い大怪我も無く無事かどうか分らんけど オートバイに
止むことなく乗って来られた最後に,選んだのが MVアグスター750s
 
バイクに親しみ始めた時代に世界GPの頂点を走っていた。
「イタリヤのレーサーMV」
マン島のマウンテンコースを疾走していた。「あいつ」
だから,不思議ではないでしょ? 若い仲間は当然 「それどうするの?」 と云うに決まってるが。

何でも頼んだら言う事 聞いてくれる富田林のSyuji にブルターレ 一度試乗させて・・と頼んだ。
すぐやってきて呉れた。
e0003910_20474754.jpg

とりあえず 軽いから 900cc4気筒でも 乗れた!      10月9日
e0003910_20494027.jpg

下地は有ったんです・・・昔 1972年頃   和歌山TTの先輩塩崎氏の750s
e0003910_20521411.jpg

MVで旅に出ようなんて考えてません。 しかも4気筒は1980年CB750エクスクルシーブ以来, あれは 鈍重だった。  以来35年ぶり。
e0003910_21154933.jpg

新車は必要ない。中古探しが1週間 Yahooと近所の Mr・Bike 覗く 900cc?158ps
80歳越えたライダーには,ネコに小判 扱えるわけもなし。10月16日名古屋市郊外のオートプラネットで
手ごろな 750s ブルターレ 2700km 中古を見つけた。

e0003910_21471689.jpg

e0003910_21474220.jpg

普通のブーツで 両カカトピッタンコ ガソリン満タンでも 200kg以下 これなら乗れるかも!
e0003910_21514898.jpg

昔 てこずった ↓ コイツよりは 楽そう と おもう・・・
e0003910_21533926.jpg

よし!  買おう 最後の道楽だ!
衝動買の様に見えるけど, ソノ店に店長として東京の店から栄転してきた直後の N君が居たからだ。
彼が勧めて呉れなかったら。 消費税 諸費用かけて中古を 衝動買いしてません。

10月21日納車整備完了のしらせ・・・軽四に家内を乗せて 引き取りに行ってきました。イタリアの顔MV
e0003910_19404347.jpg

帰り道 6速に入って3000rpm 60km/h なのに,何度もシフトUPしようと しました・・始めての4気筒 
e0003910_19411563.jpg

e0003910_19414014.jpg

次の日は 入院の相談で病院へ その次の日も麻酔の話 入院部屋の説明で病院・・・・23・24 雨
25日発熱37.0℃・・・・・(>。<)もうあかん。

26日 日曜日 ドーシテも走るぞ。風邪薬とユンケル皇帝液のお蔭で?AM10時初カフエレーサー出発。
e0003910_1955877.jpg


e0003910_19554242.jpg

行き先は Cafe AGUSTA  家から約1時間半(名神・東海北陸道)
e0003910_2146521.jpg

ここは Cafe ではありませんが 40年の付き合いの大親友の AGUSTAのオーナーの娯楽室
e0003910_21513485.jpg

e0003910_9125581.jpg

e0003910_9161984.jpg

e0003910_21515599.jpg

今日は1974の 750s をブルターレ750s と一緒にCafe AGUSTAまで林間コースを走らせる
約束があったのだ。
e0003910_2152461.jpg

ブルターレ750s ですが エンジンは良く回ります多分,でも初乗りの老ライダー タイヤの太さに恐れおののいています。 道の凸凹ぜんぶ拾います・・・4000rpmで80キロ 5000rpmで100キロ
2500rpmなら 3速からでもスタート出来ます。 下のトルクは太いのか? キヤー比が高いのか?
ツインが相棒だった 私は排気音で今 何速で走ってるのか? まだ感覚掴めません
なにしろ この太さ 何の為?
e0003910_1347336.jpg


二台のMV 750s はR156から林間コースを・・和良道の駅・・和良下原・・小川峠・・明宝・・
と 4気筒の排気音を ハモリながら走る  1974の750s は タイトコナーをスムーズに抜けて行くが
私の 750s は コーナーの舗装荒れを敏感に拾って ハンドルを取られ 追随に苦労する始めての
コースでは無いのに。

30分程で Cafe AGUSTA  私鎖骨の折れた左 脱臼後遺症の右 両肩悲鳴!!
e0003910_16271414.jpg

前菜・・・・メインは飛騨名物 「けいちゃんサンド」
e0003910_16275639.jpg

一緒になった バイク仲間は全員 石川・富山ナンバー 『さあ帰ったら冬眠』 やなあ~~
e0003910_16282147.jpg

10月の夕暮れは 早い 2台の AGUSTA も家路に付きました。
e0003910_16392359.jpg

e0003910_16393963.jpg

e0003910_1640381.jpg


●SPECIFICATIONS
エンジン形式:水冷4ストローク4気筒
ボア×ストローク: 73.8mm×43.8 mm
総排気量: 749.4cc
始動方法: セル
ギア: 6速
タンク容量: 19L
ブレーキ(前): ツインディスク310mm
ブレーキ(後): 210mm
サスペンション(前): 倒立ø50mm
サスペンション(後): モノショック
ストローク(前): 118mm
ストローク(後): 120mm
タイヤ(前): 120/65-ZR17
タイヤ(後): 190/50-ZR17or180/55-ZR17
ホイールベース: 1414mm
最低地上高: 135mm
シート高: 805mm
カラーリング: レッド、
車両重量(装備重量): 200Kg
車両本体価格:\ 2,016,000




10月26日
高速をおりて 248km で 燃料警報ランプが付いた ? スタンドに急行 15km/立・・エッ !



10月28日 燃費が腑に落ちないので 再度満タン でテストに走る・・・・今日は高速なし
下道を  60km/h チンタラ運転で 奥矢作川ダム をめざす。

11時笹戸温泉  ここは昔中トラで 1年間良く通った河川敷 想い出の場所,入って行って見た。
セルフタイマーで 写真を撮る。
e0003910_19134562.jpg

釣りにやって来た人に シャッターも切ってもらった。
e0003910_19155570.jpg

直ぐ下に 支流が流れ込む場所があって かならずセクションとして使っていた場所が残ってた
e0003910_19182174.jpg

ここは 当時改造TRIAL車では非常に難しかった
e0003910_19203850.jpg

  同じ場所 1972年  中トラ  私36才
e0003910_20141817.jpg

        笹戸  同じ場所  1973年  中部選手権
e0003910_20153435.jpg


想い出からさめると  時間が過ぎていたので 奥矢作ダム行きは止めて、Uターンして トヨタ市経由で
東郷のオートプラネットへ ソノ前に給油 走行85キロ ガソリン6.7L (>。<) 12.6km/L どーなってるの?   重いクラッチをレリーズ変更で改良しようと 交換してもらったが・・・逆に更に重くなった。
帰って キャンセルを電話する。

今日の燃費テスト 下道をチンタラ走ると 更に悪くなる。 フロントスプロケットは 一番小さい14丁が入っているらしいが・・確認できそうに無い クラッチレリーズがスプロケットカバーに密着だ・・減速比を下げる為の
純正スプロケが 15&16が 浜松の アグスター・ジャパンに 問い合わせて,
ある事は確認したが・・
e0003910_12354698.jpg


参りましたなあ~~

もう・・・他のバイクに  眼が行く 80歳です。
e0003910_17373950.jpg

e0003910_17392530.jpg

e0003910_17394723.jpg


11月10日 

 
少しずつ 4気筒の音と 速度の感覚が つかめてきた。 が あさってから 入院3泊4日だが
退院して 2週間は  多分乗っては駄目だろう・・・・12月になってしまうよ・・・・

それでも 前スプロケ歯 1丁 枚数増やす・・・・オーダー済み。
e0003910_19315992.jpg


15丁 スプロケ 入荷 取替えました。  14丁よりも 滑らかにゆっくりはしれます?
e0003910_2123617.jpg

しかし 低速で団地内で走り 曲がると in に切れ込むね~BMWの様に ニュウトラルではない。

柏さん からのアドバイス
柏  秀樹     2014年12月12日 1:32
伊藤様 切れ込むのに原因があるのか。ライダーの問題ではないです。車輪の回転力は速度とホイール系で決まりますが、切れ込むか切れ込まないかはそれに見合ったディメンションになっているのか、です。ハンドル回りにはメーターやヘッドライトが付いていますね。これら艤装類が重いだけでも切れ込みの原因になります。三つ又(アッパーとロア)のオフセット量、キャスタ角、トレール量でも切れ込みがでたり、でなかったりします。
なので、ある程度の速度に達しないと車輪のジャイロ:遠心力が不足して、切れ込む方向に操舵が影響してしまうのはむしろ一般的。
つまり、ゆっくりの場合は切れ込むことが多いのです。それは機種:車種によって異なります。ハーレのウルトラなどハンドルマウントのカウルでは、低い速度での切れ込みがかなり強いです。
切れ込みに対しては「当て舵」を使います。内側の手のひらで支えるしかありません。切れ込みをそのままにすると車体は起き上がる方向に作用して、結局曲がってくれません。私が当て舵といっているのは、逆操舵として積極的に使う方法の応用例でもあります。

いろいろとコメントしましたが、実験してみて下さい。何がよいか悪いかではなく、いろいろやって都合が良くてラクチンであれば、それが正しいです。
ただし、もっと正しいとか、ラクチンとか、上達につながる場合があるから、答えはひとつじゃないことが多いとも言えます。

まずは当て舵か、逆操舵を試してみてはいかがでしょうか。その操作が正しくできているのかは実際に見てみなければわかりませんけれど、試すだけのも良いと思います。なるほど、という答えが見つかるかもしれません。

80になって カウンターステ は やばいなあ~~のんびり乗れる OHV 探したが わりと無いもんです
で 前に乗って居た  R1100RS  が 割とお手ごろなので  ポチ  きれいでしょ!!
これ コノ前の Mラインより 年式 3~4年 新しいよ  なぜか? 白から赤に染まりつつあり。
e0003910_16222420.jpg

  購入した 東京三鷹市 のバイク屋さんの  前です。  2014・12・20  今年3台目・・・・
[PR]

by sizuo71 | 2014-10-27 20:52 | 静じいのオトキチ仲間 | Comments(11)

トランスメディア提供アイコン01 最近のエンデユーロは Xゲームの影響で 過激だぞー

日本で一番過激なエンデユーロに参加する と言ってた 同じ町に住む ロッシが優勝して帰って来た。   さっそく話を聞いた。 
彼は TRIALで長く全日本を戦ってきた国際A級のベテランだが,もう20年近いお付き合いである。
今回参加したのは 愛知県から はるばる山口県下関にある オフロードバイクのレース場,レースの名は
フイルド幸楽 「全日本TRIAL中国大会も開催される」 Off のメッカだ。
e0003910_21435186.jpg

このエンデユーロ の名の由来は 聞いたが ややこしくてわすれた・・・「カテゴリーはオトキチ仲間」
日本で一番過酷なツーリングTRIALと,言えば 平谷村(長野県) のサンデー・ファミリーin 平谷がマゾヒストライダーの仲間には有名であるが・・・ ロッシ・T はこちらとも無関係ではない。
もともと サンデイ・ファミリーー・トライアルは YAMAHA名古屋支店 と 私が始めたイベントだから。
e0003910_2202974.jpg

エンデユーローも変わった 昔のアメリカの雑誌がある 1957年のものだ
e0003910_2272241.jpg
 
e0003910_2274613.jpg


昔は広大な 原野を まるで野牛の脱走劇のように ぶっ飛ばしたもんだ レース後のマシンを見てもその凄さは想像出来る。。
e0003910_22152928.jpg

e0003910_22264621.jpg

   こちらGEEKO-ONE  のスタート風景  一見モトクロスのStart の様に見えますが・・・・・
e0003910_22271544.jpg

とつぜん こんなのが 現れます これはもう突進すれば オシマイデス!
e0003910_22314341.jpg

人工で作った 障害を越えたら 今度は自然の深い からさわに進入します・・・
e0003910_10562646.jpg

すると 又 渋滞が起きます いかに渋滞をすり抜けるか・・・別ルートを見つける事が大切だそうです
e0003910_10564567.jpg

e0003910_10571162.jpg

参加者同士助け合って 谷を抜け出る姿も・・・・有るのだがレースでこれではWennerには成れない
e0003910_1057324.jpg

e0003910_22394471.jpg

谷間を抜けると ヌタヌタのヒルクライムが待っている。 上って後もチエックポイントを探してさ迷うのだ。
e0003910_2240693.jpg


e0003910_22403347.jpg

下から上って来た と言う事は 赤いマーカーの位置からして ミスコースからの復帰なのかな?
e0003910_22405478.jpg

とにかく レースで チエックポイントを必ず通過させられるのがラリーレイド(エンデユーロ)
持ち時間は 3時間。 走行距離は 参加者も分らない・・・・
e0003910_2254346.jpg

この日 オンタイムでゴールしたのは 皆無であった・・・・・・
e0003910_225525.jpg

WENNER のロツシ・Tの 2分タイムオーバーが最小。本命視された 田中太一くんはミスコースでチエックポイント不通過があって 入賞出来なかった。
e0003910_2332591.jpg

e0003910_2334367.jpg

e0003910_2343848.jpg

e0003910_2256096.jpg

当日のリザルトを 見せてもらったが 1・2・3位 が TRIAL 国際Aの OBであったし 本命だった
太一ちゃんが ミスコースしてなければ コレも IAS経験で  昨今のエンデユーロは TRIALからの
転向が 巾を利かせているようだ 
e0003910_23152337.jpg

昔の  Big Bear Run や 朝霧高原の Fuji フイルド ラン のような 広大な高原や砂漠を走った スクランブルレースは もう夢物語になつたのだ・・・・・な~~~
[PR]

by sizuo71 | 2014-03-10 21:47 | 静じいのオトキチ仲間 | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 メズラシイ サイドカーが 来訪 6月23日

昨年 赤鼻・90S ミーチィングで せせらぎ街道の Caffe AGUSTA でお知り合いに成った
愛知県 一宮の クラブマン が 朝電話で 行きますよ~  どうぞ~~
加藤さん 兄弟 二人共 BMWで 来るのかな? と思ってたら  Moto Guzzi 1000s にKUMAGYAサイドカー
e0003910_19112297.jpg

お~美しい 機械美!
e0003910_1913964.jpg

ひとしきり イタリアン談義のあと  ドマーニ以来久し振りに パッセンやらしてもらった!
e0003910_1914369.jpg

そんでもって 行った先は 定光寺(尾張徳川菩提寺) 今まで乗せて貰ったのは R100RS大陸GTⅡ・ドマーニ・R69SワトソニアンGP すべて カーは右側 左側車は 始めてしかし 日本の道では安心感があるね
定光寺で ランチして  テッペンの労働研修センターの駐車場まで行ったが 閉鎖だった
e0003910_21252346.jpg

e0003910_21261861.jpg

暑かった 6月23日土曜日 でした。
e0003910_213539.jpg


「オトキチ仲間」のカテゴリーです。
[PR]

by sizuo71 | 2012-06-23 19:15 | 静じいのオトキチ仲間 | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 2012 も Born to Run !  で走ります・・・・・

            これから書く年賀状 2種!
e0003910_10515192.jpg


e0003910_10522462.jpg


                        2012もよろしく!お願いします。

                2012 1月2日 AM10時 初乗り
e0003910_21492914.jpg

2012 1月3日 AM11時 南へ!
e0003910_1951959.jpg

e0003910_195332.jpg

寒いと言う仲間を無理やり 誘う!!!

帰ってきたら・・・車がやってきた! ゾロゾロ降りて来た,孫孫・ひ孫がやって来た!
e0003910_8144465.jpg

[PR]

by sizuo71 | 2011-12-30 10:53 | 静じいのオトキチ仲間 | Comments(6)