トランスメディア提供アイコン01 53年振りの スズカサーキット 走行 4月30日

スズカサーキットが 出来た1963・3月 中部MFJの主催で 500km耐久があった。

耐久レースは スピードより オートバイの耐久性を 競うのだから 速くない大丈夫だから出よう。
しかし、行って見ると相手は MCFAJ で名を売った,生沢だとか田中健二郎スクールの 大月・加藤・田村

勝負になるわけもない,勝負する気もなく,ノービスのライセンス講習でもらって 1日だけの練習
3月の鈴鹿は寒かった。 翌日のレースも  日本で始めて耐久レース 4時間30分 寒かった。

e0003910_1937696.jpg

それから53年 TRIAL仲間の誘いで  走行会に出てみる事に成りこの日を待っていた。

もう乗れないと言ってって 先月手放した BMW1200GS 今月又 思わぬ成り行きで手に入れていた。
コレはこいつで走らんと、死に切れん。

                      1963 YD-Sで走る私27才
e0003910_19475895.jpg

             2016 4 30 BNW1200GSで走る私 82才
e0003910_19594685.jpg

e0003910_200589.jpg


当日朝 TRIALの三谷モタースポーツに 8時半集合の約束だが。 鈴鹿=渋滞 家を6時すぎに
でてしまった。 鈴鹿に到着は 早かった。  店は開いてません。
e0003910_2082256.jpg

やがて 相棒中山さん親子。も到着
e0003910_20103018.jpg


嬉しくてしょうがありません。 約束を破って 早々にサーキットに・・・・・行った。

e0003910_20154447.jpg


e0003910_20161497.jpg

猛烈な数のバイク・バイク
e0003910_20164035.jpg

1回目のラン2周  先頭固定 4輪の先導車・・・・・・だが  最後尾から出て 途中で抜いてゆく
53年の空白は無い TVの映像でレースのライン取りは 毎週見ている
e0003910_2025050.jpg

e0003910_20251520.jpg

                  片手のデジカメ メクラ撃ちでも 運よくデクナー当りが撮れた
e0003910_20254697.jpg

S 字ヘヤピンを 動画で撮ったが・・・処理の仕方が分からない?
e0003910_1203850.jpg

e0003910_1205874.jpg

 1Rの 終わりに 中山さんが 撮ってくれた。
e0003910_1225175.jpg


               1R  終わった所で やっと小酒井さんと 会った!
e0003910_1232387.jpg

               お昼前にもう2周廻って もう1Rと思ったが あまりの混雑でやめました。

サーキット遊園地のほうに TRIALデモを 見に行くと もうスペインに帰ったと思ってた 藤波くんファミリーにバッタリ 一緒に 小川くんとアキラくんの デモラン を見ました。
e0003910_129262.jpg

WAKAと 会うのも幸田サーキット誕生会以来 1年振り
e0003910_12141381.jpg


e0003910_12162965.jpg


e0003910_13115489.jpg


e0003910_13121749.jpg

お昼ごはんは「伊勢うどん」+天ぷらちくわ まいう~~

夏日になった鈴鹿遊園地 歩きすぎ両膝が 痛くなる

最後に ロシア製の 「ウラル」って サイドカー写真写す 元 『ドプニエール』 は動輪とカー側とがシャフトが直結で 2輪駆動で なんとも運転に苦労してたが 「ウラルはカー側をフリーに出来る」らしい・・・

e0003910_13223242.jpg

最新型を愛用する ブラット・ビット らしい(拡大してよく見て)
e0003910_14113774.jpg



こちら  ソ連時代の ドプニエール  中国 の長江

e0003910_1326563.jpg

e0003910_13262255.jpg


e0003910_13264086.jpg


昔のドプニエルについて Wikipedia で 検索してみました。

旧ソ連、現、独立ウクライナに存在する「キエフオートバイ工廠が製造している,BMW-R71のコピーバイクで。諸元は旧ソ連、社会主義体制時代に作られたモデルであるため、ウラルの従兄弟ともいうべきバイクで、デザインなどもソ連時代まではほとんど同じようなデザイン、規格であった。後にソ連が崩壊し、ウクライナが独立、KMZ社という民間会社として独立してからは独自路線のデザイン(といっても戦後のBMW-R50系統のコピーのようなデザインではあるが)機構を持つバイクを製造するようになった。KMZもウラル同様2輪駆動型のサイドカーを製造しているが、ウラルが側車に斜めに伸びたプロペラシャフトを使用した2輪駆動機構を使用しているのに対し、ドニエプルは車輪から側車まで垂直に伸びたベアリングシャフトを使用しているのが特徴である。この形式はBMW-R75型の2輪駆動により近い機構である(尚、現在のドニエプルは「ロシア製」ではなく「ウクライナ製」である)




2016・5・2  明日は GATTI TRIAL 教室。
[PR]

by sizuo71 | 2016-05-01 18:05 | 静じいのオトキチ仲間 | Comments(0)

<< 4/30鈴鹿 走って3日目 T... 友, ALASKAより来る。岡... >>