トランスメディア提供アイコン01 耐えろ東北・がんばれ日本

e0003910_8343124.jpg

RE:がんばれ東北 投稿者:なごもり 投稿日:2011年 6月16日(木)22時14分1秒 返信・引用
静じい様
被災者の方々は筆舌に尽くし難い状況の中で頑張っています。
そして故郷への愛着は、微塵も色褪せてはいないのです。
「ここで生きていきたい」という思いこそが、復興の原動力なのだと感じています。
幸いにも被災をまぬがれた私は、
変わらぬ岩手の、東北の、素晴らしさを発信していこうと思います。
同時に仲間たちの生き生きとした姿と最高の笑顔を記録し、
静じい様にも御覧いただけるよう頑張ります。

岩手を終の棲家にした者の使命として「三陸の今」に向き合っていく覚悟です。

e0003910_18174048.jpg


--------------------------------------------------------------------------------
がんばれ東北 投稿者:静じい 投稿日:2011年 6月15日(水)13時26分32秒 返信・引用
忙しく お暮らしの事と お察しいたします。

東日本の復興は月単位で成せる事ではありませんね。でも 戦後昭和21年から

日本が立ち直り 誰かが 「もはや戦後では無い」と国会で叫んだ時代とは とは違うと思います
難問大山積みの日本ですが回復力は 終戦後とは違うと思います。

お忙しいとは思います でも東北岩手から 元気だぞ! の発信 期待して待ってます。静じい
e0003910_8421260.jpg

生きていた 宮古の ヒームカ戦友 ピカチュウ先生
e0003910_8513749.jpg

--------------------------------------------------------------------------------
東北選手権・秋田大会 投稿者:なごもり 投稿日:2011年 6月14日(火)08時16分7秒 返信・引用
参加された皆さん、お疲れ様でした。
初夏らしく少々暑かったものの、セクションのコンディションは最高でしたね。
さて、田沢湖の大会は、タイトな空間と険しい岩との格闘、更には泥地獄など、
厳しい印象があったのですが、この1~2年、確実に進化しているのがわかります。
少なくとも国内B級に関しは「ゆとり」と「難しさ」がうまくとけあっているように感じました。
それは「簡単になった」ということではなくて、勝負ポイントが明確になって、
ラインのイメージを描くことが楽しくなった気がします。


雨にもまけず  風にもまけず が伝わってくる 「岩手なごもりさんの掲示板」 より





2011・6・23 朝 東北三陸地方に 震度5 の地震 津波警報 !!!

これは 宮古に住んでいる 昔のTRIAL戦友 ゆ~らんさんからの今朝の現地の報告です

2011年06月23日 16:29
宮古では先の大震災と津波の2日前に、はっきりとした震度4の地震があり、得難で避難する子供の写真が新聞に載ったらしいのです。で、あの大惨事。
余震ではなく、予震ですね。

今朝の宮古は早朝からサイレンと防災放送が繰り返し鳴り響き、あたかも空襲警報のよう。で、防空壕ならぬ高台へと通学途中の児童を避難させての大騒ぎでした。
ですから、少なくとも1週間は気が抜けません。久々に食料と水とガソリン、発電機のチェックをして様子見です。

2011年06月23日 18:40
もちろん、静さんが物見遊山でおいでになるとは考えておりませんよ。
e0003910_19385298.jpg

今、現場に必要なのは「非被災者の関心」であると考えます。支援物資はもとより、ボランティアなどの協力です。

「頑張ろう!」と言っている私らでさえ、本当に復興ができるのか?という懸念、諦めもあります。3年どころじゃない、10年かかってもあの堤防は再建できないでしょう。
やたら自治体は「○○棟の仮設住宅ができた」とうすっぺらな業績ばかりを表に出して自らの職務状況の正当性をアピールしていますが、被災者はそう思っていません。
体育館に高さ1mの段ボールで区切られただけの生活空間はプライベートすらありません。クーラーも無く、扇風機も全世帯分はありません。でも、食事は出て、お風呂に毎日入れるんです。
やっと「当選」した仮設住宅はクーラーも、冷蔵庫も、シャワーも、食器も、炊飯器も、お裁縫セットまであるそうです。
しかし、家も、仕事も失い、生活の糧もないまま、灼熱のプレハブに入っても一時金35万円で電気代も食費も払える訳ないんです。

ただ、太平洋戦争や原爆だけでなく、風化させてはいけない史実ではあるわけです。戦争はときにDVDや記念誌、映画になりときおりその啓発にはなるかもしれませんが、津波はそういう訳にはいかないでしょう。

私が静さんと同室した羅賀荘はなんと4階の高さまで波が上がったとも聞きます。

少しずつ、ですが、生きて行く事で以前とはとは違った街が出来て来るんでしょうね。

e0003910_18191460.jpg

[PR]

by sizuo71 | 2011-06-17 08:46 | 静じいのオトキチ仲間 | Comments(1)

Commented by 班長 at 2011-06-17 17:06 x
読んでいてこみあげる熱いものを感じ泣けそうになりました。
今年もイ-ハト-ブは開催のようです、頑張れ東北!

<< 2011 6月18・19 梅雨... 開店から11日過ぎました カフ... >>