「ほっ」と。キャンペーン

トランスメディア提供アイコン01 <   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 北の国から来た75/6は 酷暑の中部で走るかな。その2

秋にやっと 整備が終わって 11月には紅葉のチョイ乗りツーリングも終わったが,問題は夏場です
その前に 秋田からの帰りも 効かなかったフロントブレーキを『テラピー工房』で見てもらう。
ついでに 昔から気になっていた R75/5/6 系のフロントフオークテレスコの 余にも大きい沈みこみ
も相談して インナースプリングも加工してもらう。

センタースタンド立て 無負荷の フロントフオーク スタイル抜群なのだが・・・
e0003910_22273286.jpg

センタを外すと これだけ沈み込む, これは1970年頃の BMWは当たり前 有効ストローク半減?
e0003910_2231553.jpg

1970年型 R75/5 ↓ 加速中だから いくらかましか?
e0003910_22565259.jpg

まずは どんなスプリングが入っているのか? ばらしてもらう。
e0003910_22322950.jpg

あら? 不思議,真ん中が巻き条数が少ない,両端が初期作動を受け持つ巻き条数の多い柔らかバネ・・
e0003910_22352756.jpg

姿勢を良くするだけなら,アルミのカラー を足してやればいいのだが バネは硬くなる・・・・
同じバネの巻きの少ないのを作って「60mmぐらいか」?
と思ったが テスト的に アルミカラーを作ってもらい様子を見ることにした。「50mm」
e0003910_22504886.jpg

すこし だけサスは硬いが我慢できる範囲・・・スタイルは断然良くなった。
e0003910_9583193.jpg

探してみれば有るもんだ名古屋DATZで パソコン入れたらBMW JAPAN から 1970~1977の
Fフォークスプリング(強化タイプ) 品番 3142 1232 017 価格1個 2835円有った 
e0003910_20153990.jpg

強化と言うだけに0.2mm太く4mm 巻き条数も少ない 硬めかな?
e0003910_20203521.jpg

新旧対比 さすが40年もの 全長がちじんでる!上旧  下新品
e0003910_20231611.jpg

おや?1974年そのままのは 右左長さが違う バネの太さは3.8mmだ!
e0003910_22234331.jpg

スプリングを更新ついでにフオークOIL SEA-5 を20ccづつ補充・・・現状OILは汚れて無かった。 フロント姿勢解決。  

もう一つの課題を・・・・フロントブレーキが まるで効かない そのくせひきずりっぱなし!!!
e0003910_1051083.jpg

あらあ~~何だこりゃ??? パットが斜めに削れてる・・・
e0003910_1054721.jpg

e0003910_1061864.jpg

1974年 BMWが初めて フロントにデスクブレーキを 付けた年だ・・DATZで幸い部品は出る・・ホッ!
e0003910_1072642.jpg

フローテイングデスクは良く聞くが・・・・逆のフローテングキャリパーか?
下は 赤鼻1978年 R100RS 何か 同じに見える。 1973~4年の 90Sはどうなんでしょう?平田さん
e0003910_18103555.jpg


もう一つ気になる場所が・・・この年代のシフトペダルの角度&長さ  靴の大きい人はこの間隔でOK?
e0003910_17591639.jpg

シフトレバーの角度は 代える事は出来ない構造です R75/6になって5速ミッションになった・・・
e0003910_1759414.jpg

下の写真は 1954年の R50S それから20年間,システムは 進化してませんね。
e0003910_18251150.jpg

赤鼻は リンク式で シフトは軽くスムーズ
e0003910_18122022.jpg


『参りました!新品パットもこんな形』 勿論DATZの担当Fさんも エーッ と呆れてました。
e0003910_1728993.jpg

左側 新品   右 今までのパット
e0003910_17285431.jpg

キャリパーを取り付けるシャフト・・・・グリスが新しい・・・秋田男鹿で整備したのは 古くない?
e0003910_17285814.jpg

とりあえず ブレーキのひきずりは少なく・・・・ブレーキもそこそこ効く様になった。3月23日『てらぴー工房』

東京BMWモターサイクルオーナズクラブ様から 下記のアドバイス頂きました

アーテのキャリパーは片押しピストン式なので3枚目の偏心シャフトの調整で固定側のパット面をディスク面に均一に当たる様調整しなければ最大の制動力が得られません。ピストン側はピストンで自動調整されます。
有難うございました。 これで1974 R75/6 は略新品に近くなったかな???
[PR]

by sizuo71 | 2013-03-16 22:36 | 愛車     | Comments(4)