トランスメディア提供アイコン01 <   2013年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 矢の川峠「ヤノコ」 3回目のツーリング 2月16~17日

e0003910_20305731.jpg

e0003910_12373434.jpg
2回目に走ったのは 1973年 38才だったと想う。記憶もぼやけてきてる。今回は用意周到 尾鷲におすまいの 福田さんに12月がら 連絡をとり 1月には下見に出向いて 福田さんにお話をうかがい用意周到 ヤノコ峠の歴史探索のツーリングになった。


この写真は昭和35年(1960)始めて ヤノコを越えて 潮岬(泊) 和歌山ー奈良を走った1958年型 ドリームCS76 & CS72です  私は25才だった。
e0003910_21391953.jpg


1973年当時下の写真の長谷川君 後藤君 達はまだ学生だった。 
今日は2013年,  40年も過ぎた・・・・ 軽トラはPM1時に先行する 
e0003910_12595232.jpg

豊田からやって来る大庭君と長谷川くんは 1時間遅れのPM2時出発
e0003910_19443196.jpg


亀山JC あたりで又 雪が降りだした・・・・
e0003910_19445478.jpg


e0003910_19451715.jpg

http://woodpeck.jp/  ←PM5時には 今夜のコテージ に到着
e0003910_19453935.jpg

あらかじめ後藤くんが お願いしてくれてた お造り  鯛しゃぶ さすが尾鷲漁港から直送 旨い~~~
e0003910_1947360.jpg

e0003910_19483036.jpg

朝 8時出発 窓凍ってます
e0003910_20221295.jpg

9時 R42 を折れて 廃道 矢ノ川峠入り口で バイクを下ろす。 四十雀仲間の海野氏75才も到着
e0003910_20223270.jpg

案内をして下さる  福田さんもXL250で登場!
e0003910_2023947.jpg
転んで怪我しない内に記念写真
It is a commemorative photo before it falls over and is injured.
e0003910_20234359.jpg


e0003910_23255288.jpg

 
e0003910_23271224.jpg

e0003910_23264713.jpg
 

素堀の短くて暗い岩隧道を 3ツ 抜けて暫く行くと 矢の川隧道 100mぐらい 今は真っ暗 昔S35年始めて ドリームCS76で 抜けた時は? やはりこんな真っ暗なトンネルだつたのだろうか?
あの頃鈴鹿トンネルも 木曽の鳥居トンネルも思えば真っ暗だったなあ~
e0003910_2330562.jpg

福田さんに頂いた 地図 Xマークは 崩落痕が有り危険なので引き返した地点です。
e0003910_1122832.jpg
 
約1時間程で峠の頂上へ,昔,峠の茶屋のあった広場までイッキに登って来ました・・・帰り道で 福田さんのお話を聞くことにして・・・昔のTRCNのメンバー5人合わせると 325歳だ!と誰かが計算 福田さんは未だ
若く 51才デス! 記念写真撮って熊野に向って少し降ることにしました・・・・・・
e0003910_11101078.jpg

その前に 頂上付近の 空き地で TRIAL ゴッコもしました。
http://www.youtube.com/watch?v=cVZoPykLKQw  ←yeu tube動画
e0003910_11143847.jpg
 
e0003910_11365476.jpg

e0003910_11373640.jpg

e0003910_113872.jpg

我が家の近辺では見られない 霜柱が有りました 「拡大すれば実物大」
e0003910_11523772.jpg

その横に 和紙の原料 「みつまた」が沢山咲いていた この木の皮や 「こうぞ」の皮から和紙は手漉きされる
e0003910_1156149.jpg

峠の茶屋を昭和34年まで守りぬいた「稲田のぶへさん」への記念碑・・私が始めて通過した1960年には峠の茶屋は気が付かなかった,1959年の伊勢湾台風に峠の茶屋は 耐えれたのだろうか?
e0003910_11564629.jpg


記念碑前の 砂利ここは昔,鉄道省の管轄,国営乗合いバスの,道路保全には鉄道線路石を砕いて道の表面を平らにした為,車輪鉄粉が付いて赤錆びた砂利が今も風雨に洗われて幾十年の昔を証明している
e0003910_1243887.jpg

さて 熊野側へ降りて見ようか・・・・
e0003910_1273742.jpg

1キロも行かない間に がれ場まあこれくらいなら TRIAL車だし・・・
e0003910_12923100.jpg
 
と言っても こうなる場合もあり・・・・・谷側に滑ったら・・・・
e0003910_12193294.jpg
 
すうひゃくメートル 滑落・・・してしまうわけで・・・・
e0003910_1237560.jpg

e0003910_12373399.jpg

ここらが 引き返し所,と決定・・・・ただし歩いて降りるのは熊野まで 問題ないとのこと。
e0003910_1238734.jpg

頂上から 尾鷲の港が見える 帰りは三木里林道に入ってみる・・・・
e0003910_22583332.jpg

三木里へ降りる林道 此処から先は 崩れひどいので ここまで。
e0003910_2254060.jpg

三木里港 遠望
e0003910_2255032.jpg

e0003910_23152096.jpg

下の写真 道の真ん中にならんでいる石のは 昭和10年以前の道の路肩縁石  したの石畳は明治時代の道が水で洗い流されて 出てきた歴史の古道だ!
e0003910_982834.jpg

e0003910_993099.jpg
 
e0003910_23172068.jpg
 

e0003910_9103791.jpg
          
e0003910_91268.jpg

幾度となく起きた 水害で上流の砂防堤も破壊され 土石流となってこの橋の欄干も破壊したのか?
e0003910_17505714.jpg

それにしても この橋・・・欄干はもぎ取られてるが 橋は残っている不思議な光景です。
e0003910_17512851.jpg

e0003910_17515385.jpg

昭和10年7月と刻んである・・がバスが熊野まで通い始めたのは11年7月からだそうだ,以来 昭和34年までバスは走り続けた戦中も・・・・多分しかしこの峠 木炭車は無理だったとおもふが・・・・
e0003910_1753514.jpg

e0003910_17535791.jpg


 昭和15年に建てられた 国道42号線竣工記念碑  但し開通は昭和10年だから・・・5年遅れてる
e0003910_17542884.jpg

40年前来た時に撮った 記念碑 上の写真と比べると 周りに雑木林が無い
e0003910_1758224.jpg

朝9時に 峠をめざし・・・・PM13時に降りてきた。 最高に楽しい1日だった~~
これも ヤノコ峠に詳しい 尾鷲の福田さんに同行して頂いた御蔭でした ありがとうございました。
e0003910_23103224.jpg


http://www.youtube.com/watch?v=MNdkA2ZPtKs&feature=youtu.be ← you tubeです
e0003910_17551787.jpg

[PR]

by sizuo71 | 2013-02-16 12:44 | 2013年  の旅 | Comments(7)