トランスメディア提供アイコン01 <   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 北の国から来た75/6は 酷暑の中部で走るかな。

元々 ひらつかさん と走った 8年前に 7月の青森市内で 75/6 はエンジンから異音が出ていた
たまたま 竜飛から 台風とぶつかり 過熱する事もなかった。 今回秋田から名古屋までも 秋田・山形では
問題無かった、新潟県に入ると35℃ と渋滞で 喘息が出た、 春日井に到着した夜も熱帯夜で喘息・・・

ライダーはもっと クラシックで 1934年型 1週間は 疲労回復に勤めた。 試験的に減摩剤EPLを10%
OILに添加して, TESTして見る  早朝5時 R19 を中津川へ  気温23℃これは寒い!
e0003910_2225157.jpg

馬篭宿に向って 登ってゆく 温度が低いなら静かなもんです 馬篭峠  木曽路はすべて山の中
e0003910_22281091.jpg

馬篭の旧街道町並みの裏に こんな道がある 向こうに 恵那山が見える
e0003910_22305355.jpg

馬篭の宿場街道, 朝700~10,00 までは 石畳の旧街道 走っていいのだそうです! でも悪い気がしてやめた!
e0003910_22331450.jpg

気温の上がるまで 平谷で 時間つぶし。 ブレーキ利かないの伝えるの忘れGくん ビックリ!
e0003910_15502524.jpg

e0003910_15512098.jpg

帰り道 気温上がる 豊田市で 34℃ 和合で 異音発生 ニュウトラル アイドリングで奇妙な音・・・・・・・・
アクセルを開けると消える。クラッチ切って止まると異音・・・ 単功堂まで走って現状をみてもらった。 38年間で ちょうど2万キロ
その内この1週間で,私が1200キロ  BMWも 南国につれてこられて・・・びっくり!
e0003910_15513883.jpg

きょうから 75/6 は 単功堂の手術台に 上がる・・・   これが異音の動画冷えた状態です
http://www.youtube.com/watch?v=Je5jkaq2H08&feature=channel&list=UL

こちらは過熱した時の音です途中で アクセルを開けると 異音が無くなる点に ご注意!
http://www.youtube.com/watch?v=g0u_Vd0iDWE&feature=youtu.be
ところが・・・それから猛暑・・・盆休み 75/6 は単功堂の 手術台に留め置かれ・・・・
75/6 が遂に解剖が 始まった 8月20日酷暑!!!
e0003910_1556877.jpg

出かけて見たら もうサブフレームが外れ セルモターが顔出していた。
e0003910_15565719.jpg

これから ギアーBOX を外す
e0003910_15573727.jpg

作業場は 暑い汗! 汗!
e0003910_160046.jpg

クラッチが 顔出した  平谷からGくん 覗きに来た!
e0003910_1603168.jpg

回転する部分に 接触の形跡が無い これは困ったぞ?
e0003910_1611285.jpg


e0003910_1613164.jpg

セルモーターの右に クランクケースブリーザー排気カバーが見えます・・・・
e0003910_1614992.jpg

友人が こんなMAIL と写真を送ってくれました。
暑い時に出てたのはブリーザーの音だと思います。
まるでクランクがどこかに擦っているような嫌な音です。やけに大きいし、不安になります。
これはブリーザーの弁が開く時に共振する事が原因だと思われます。
構造的には円盤がスプリングで押さえられているだけですので、見るといかにも音が出そうです。
僕の75/5も90Sもこのような音でした。
対策は、僕の場合ですがモノサスのブリーザーバルブに交換して直りました。
モノサスの物は2サイクルのリードバルブのようになっています。
部品番号は「チェック バルブ 11111335712 」価格は正規ディーラーが安くて、2500円程度だったと思います。
ノーマルの取り外しにコツが要りますが、BM屋さんなら専用工具があると思います。
e0003910_6454643.jpg

e0003910_6461778.jpg

で 当方は取り合えず 逆止弁と弁座 に 乾いても柔らかいボンドを塗布してクッションにしてみます。
e0003910_647089.jpg

しかし ボンド塗布は ボクサーのピストンが上死点に向うとき ブリーザー穴は負圧 ボンドが剥がれ吸い込まれたら 大変なので中止  DAZUナゴヤに チエックバルブをアッセンで注文した。

次はフロントブレーキの番です  まるで効かないので まずフロントデスクキャリパーのマスター
e0003910_71321.jpg

? 漏れてはいませんが・・・38年の歴史と固定が・・・タイラップ??このまま見過ごせないですよね!
e0003910_74158.jpg

8月29日 発電機の駆動が気になって・・・オカメを外してもらった・・・あれ?直結・・・!
しかしポイントガバナを回すのは・・・・裏に タイミングチエンが あるが・・・OiL Pussと違うか??
e0003910_1322277.jpg

ポイントガバナー このあたり最も苦手     この裏にチエンありそう
e0003910_1323686.jpg

うはっ!有る! このタイミング・チエンが 音出してる かも?????
e0003910_17554861.jpg

e0003910_1023212.jpg


このあたりも 分解中に 錆び落とし グリスUP せんとなあ~~
e0003910_1125181.jpg

e0003910_11255492.jpg


部品の入荷が思わしくなく  このカテゴリは 9月中旬まで オヤスミ中

9月10日  部品が来ないので 点検終わった所まで、組み立て。

e0003910_1292946.jpg
e0003910_1294377.jpg

9月23日 やっと ドイツから  スプリングが届いた
e0003910_13552493.jpg

   古いのと比較 白いのが新品?  あまり変わらないな~でもこれで組んでもらう。
e0003910_22192925.jpg

        9月25日 一応完成 TEST はこれから。

9月26日  朝 家族と ご対面  窓辺  の 赤鼻 & 75/6
e0003910_8221745.jpg

セミ・クラシック 1974[75/6]  1978「100RS赤鼻」  New OHC4V 2007 R1200GS  
e0003910_8225292.jpg

e0003910_8231160.jpg

   少し 気温があがったら 試乗に出かけます。
e0003910_1174610.jpg

e0003910_10113134.jpg
e0003910_10115534.jpg


試乗の結果 旧タイプの丸型弁をコイルスプリングで開閉制御する方式は スプリングを更新しても駄目でした。 後日再び 100RSモノショック時代に装着されていた リードバルブに交換しました・・・・・が
季節はもう ノンカウル では寒いので 長距離テストは 今だ未了です。

e0003910_8402511.jpg


e0003910_8402571.jpg

R100RS モノサスが採用している リード弁を装着。
e0003910_841352.jpg

2012・11・20  テスト運転 100km  走ってきました。  この気温なら全く問題なし,
e0003910_19194745.jpg

e0003910_19204461.jpg

相変わらず フロント・ブレーキ効かない・・・・
e0003910_19215229.jpg


後日談  異音は完全に解消  秋田に里帰り。 ブレーキはパット更新で車検合格 仙台ビーマー
より クラッチ超軽装置購入装着。
 
[PR]

by sizuo71 | 2012-08-07 22:33 | 2012年 の旅 | Comments(8)