「ほっ」と。キャンペーン

トランスメディア提供アイコン01 <   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 41年ぶりの北海道ツーリングに 出かける

始めて青函連絡船に乗ったのは57年前・・20才だったかなあ~~
その半年前の台風海難事故で 転覆した洞爺丸が 函館湾に真っ赤な船腹を見せヒツクリかえっていた・・・・・

始めてYA-125で 北海道を走ったのも, もう41年も前 35才の時だった
e0003910_835374.jpg


バイクに乗り始めた当時は道路はそれは酷いものだった バイクだってまだリアはプランジャータイプ。 ソレでどこにでも防塵メガネ防塵マスクで 出かけたもんだ。
Offロード専用のトレールバイクが出た頃は 日本のメイン道路は全部舗装されて・・・
砂利道 泥道は探して走りに行くのだ・・・人間って勝手なもんです。

9月17日出発に選んだのはBMW1200GS カバン3個ぶらさげるとその重さは多分 2サイクルのYAー125ccの 3倍近いな~

「トルクバー可変式に注目」↓ 24年6月新記入
e0003910_8224741.jpg


そのパニア 雨漏りの噂を聞いたので昨日雨の中 2時間走って 4時間ぐらい雨中に駐車しました。合格です。
 
9月17日 朝9時家を出る

e0003910_7543455.jpg

早々にポカ しっかりRock した積もりが・・・・ETCゲート手前で ガタン! パニア片方落ちゃった「中津川IC」
料金所の叔父さんが拾って 走って持ってきてくれた。    ボケその1
あらら!! でも走ってる最中だったら と 思えば不幸中の幸いか? 先行き不安

2人の仲間が 木曽路を伴走 和田峠まで見送ってくれた!
e0003910_189268.jpg

e0003910_18113444.jpg

 一人のんびり 佐久から内山峠を越えて下仁田へ  「荒船岳」
e0003910_18115651.jpg


9月18日 今回同行のS氏と 東北道佐野藤岡PAで 8時合流 3連休初日の為,東北道は大混雑,おまけに事故渋滞も重なって・・・菅生PAあたりまでまともに走れなかった。
菅生でお昼休憩 ランチは 牛タン丼でした味はお値段それなり。
e0003910_2345753.jpg

お仲間さんでは有りませんが やけにBMWのGSが多い日でした。
e0003910_2352010.jpg


それでも PM5時には 青森フエリー埠頭に到着 しかし! なめたらいかん! 予約なしで来たから満員で積み残された(>_*)あ~船は出てゆく 煙は残る・・・・”
次の出船は22時・・・

e0003910_100528.jpg

待つ事5時間 やっと22時乗船    ここまで栃木から640km 燃費23.3km/L
e0003910_1005411.jpg

乗船と言う間際になってSさんの 1150ロックスターのエンジンがゴネタ!
セルは回るが 遊星ギアーが噛み合わない・・・ とりあえず誘導員たちの助けで押し上げる
さあ? 困ったぞ~~
船室に入ってから 岡崎R・バロン本社技術部長 Oさん自宅に電話・・・・出てくれたホッ!症状を話しアドバイスを貰う 彼とは42年来の 付き合いだ。お陰で3時間熟睡・・・・・・

函館到着のアナウンスに目をさまし。バイクの場所に,ゲートOpenうわ~!雨だ!
この雨の中 ロックスター押し掛けかあ~~? しかし 1階に乗っていたロックスターは何故か エンジンかかって下に待っていた・・・・
それから 予約したホテル探しに 雨の中  ホテルでベットに入ったのはAM3時だった。

9月19日  函館着夜中2時・・・・・・・朝9時スタート 

Sさん 目の調子悪く 函館市内で薬屋さんを見つけ目薬を買う。しかし市内からR5に辿りつくのに川湯温泉に迷い込み タクシーの女性ドライバーが
親切に教えてくれて無事 函館脱出
e0003910_20304896.jpg

高速のPAから 有珠と昭和新山が見える。Sさんの好みはソースかつ丼 薄緑のポーチと帽子は 薄緑のBMW1150R とカラーコーデネートの様子

e0003910_20313199.jpg

e0003910_20321038.jpg

苫小牧ー鵡川を過ぎて高速は終わり。今日の目的地 襟裳へ急ぐ。
何処かの?交差点で両足付きながら 左足でニュウトラル探してたら・・右にグラッときた懸命に堪えたが 所詮60kgの我が体重・・・ゴロン!(*_*)
Sさんに助けてもらって起こした・・・・・がそこから ブレーキが利かない・・
ABSのランプが ひっきりなしに点滅 ブレーキサーボが 故障??? とにかくシフトダウンで 停止しながら・・・浦河町に到着町はお祭り 今日はここで泊まりましょう 本日走行 355km ウエリントン・Hotel 5500円 浦川って競走馬の産地で有名だそうです

e0003910_21501673.jpg

襟裳の手前40km の小さな町だが・・お神輿を担ぐ女性は 何処かからスカウトして来たのでは? 垢抜け過ぎだわ,おまけに外国人のお姉さんまで・・地元産なら美人が,馬に勝っている
e0003910_21515263.jpg
e0003910_21521168.jpg

夕食は ホテルを出てお寿司屋さんへ お医者さんに止められてるコレステロール丼!
3里はなれりゃ 旅の空ってか?「うにいくら」お値段?Sさんの奢りだから分からない?
e0003910_1774286.jpg


夜9時過ぎ 又 R・バロン Oさん宅に電話,「たちごけのアト1200GSのブレーキ
が きかないんだけど」 ABSのランプ点滅・・・「あ~ブレーキランプスイッチ点検して見て下さい多分スイッチが STOPの状態ですよ」「だからサーボモターが回らない」
朝起きて点検したさすが校長先生のおっしゃる通り右ナックルガードが移動してレバーが戻ってなかった感謝感謝    ボケその2


9月20日  浦河ー襟裳ー釧路ー厚岸ー根室  402km

岬への道 襟裳の秋~は どんより雲がかぶってました
e0003910_17313844.jpg

e0003910_17185312.jpg

曇っていて 朝早くて 少し寒い襟裳でした。
e0003910_17194630.jpg

e0003910_1730630.jpg

e0003910_17304222.jpg

襟裳岬からの海岸線は 何処もかしこも 止まって写真撮りたかった。
伝説の黄金トンネルを横目でチラッと見たが 止まれなかった残念,そのむかしこの海岸線に道を通すのは 黄金を敷き詰めるほど金がかかった。という昔話を聞いた事がある。
海岸線は 1人で走ってたら撮影stopで根室まで3日間は掛かるだろう・・素晴らしい

e0003910_2154795.jpg

      私はSさん頼りで北海道地図さえ持ってない ここはどこ? 何処行くの?だ!
e0003910_2161844.jpg

Iphone GPSで現在地を見るSさん科学者だ
e0003910_13595678.jpg

           十勝川河口です
e0003910_1412113.jpg

                                 俺の十勝川!
e0003910_142939.jpg

釧路の海岸にきました・遠くに製紙会社の煙突が見える 日本製紙らしい,王子製紙はどこだ?
e0003910_14154015.jpg

厚岸海岸から 見つけた半島に橋が架かっていた 渡らないと悔いを残しそうなので寄り道
e0003910_19255063.jpg

e0003910_21515439.jpg

                      わけはわからないけど?「ちんべの鼻の岬」?
e0003910_19273990.jpg
e0003910_19283054.jpg

e0003910_19285814.jpg

                        大きくして見ないと分からないよ!
e0003910_19315285.jpg

                           暗いけど 太平洋側です。 
e0003910_19324146.jpg

                     もちろん足は太いが野生では有りません
e0003910_19333899.jpg


       さらに我らは 霧多布岬(キリタップ)と言う名に惹かれて寄り道をします。
e0003910_226597.jpg

キリタップでであった九州ナンバーのBMW軍団 全員60才ははるかにオーバーしてた。
e0003910_12514633.jpg

最高齢は昭和11年打と言う・・・ 中には日田の中野さんを知ってる方も居た!
わあ~爺さん軍団だ  といったら「あんたには言われとうない!」ってやり返された。
e0003910_1252221.jpg

                    霧多布湿原 ちょいしょぼいかな?
e0003910_12525211.jpg

e0003910_153177.jpg

寄り道.道草が多すぎて  根室にたどり着いたら PM5時になってしまった 即1番目に見えた B.ホテルに飛び込む! 4300円安い     今日の走行 402km 
e0003910_15132691.jpg

今日は よく道草しました もっとも明日の目的は納沙布岬 と 摩周湖だけ Sさん未だ
摩周湖見てないそうです。逆に私は何度行っても霧の摩周を見ていない 雨男なのに?

9月21日 ゆっくり起きて 朝食 バイクの所に行くと 懐かしいSL250が・・・

e0003910_8114514.jpg

1970年代これで私も良く走り回った~懐かしい,しかも私と同様 TL125のフロントフエンダー(^0^)/w 元々は短いUPフエンダー,初期型はPケースがマグネシュームなのだ
e0003910_8133594.jpg

                          納沙布灯台
e0003910_12561457.jpg

                        灯台のしたの岩場に 古い難破船が
e0003910_12565268.jpg

海鳥たちの向こうに歯舞か?
e0003910_19584442.jpg

                        2010・9・21朝
e0003910_12574075.jpg

                    返還してくれないから歯舞町造っちゃった??
e0003910_2011365.jpg

納沙布岬からー歯舞行っちゃった,有るんだなこれが。

秋に北海道の牧場地帯を走ると 目にする光景 前々から気になっていた
e0003910_22421120.jpg

e0003910_22494842.jpg

刈入れた牧草を 包んで冬に備えるんだそうです。
e0003910_22555497.jpg


Sさんが摩周湖の階段を踏みしめます。
e0003910_7331828.jpg

                   私も始めての霧の流れる摩周湖を見ました
e0003910_7335975.jpg

e0003910_7344151.jpg

                    ヤッパリ ドピーカン よりコレがいい。
e0003910_735348.jpg


駐車場の叔父さんが あれを写せと言う 雲海の上に浮かぶ雄阿寒岳だそうだ。そばで見るより貫禄だあ~ これは大きくして見て下さいよ。
e0003910_7361517.jpg

摩周湖から 直ぐ眼下に見える硫黄山に急降下,さて今日は目的は果たした,後は是非見て来い,と苫小牧の41年前のガールフレンドからのアドバイスMAILにしたがって 裏摩周清里村に有る 神秘の池に向かうことにした。
e0003910_737346.jpg

裏摩周は チョコット 遠い斜里岳にむかって 何かちがう方向に向かって走って居たが Sさんの GPS で修正しながら 清里にたどり着きました。 神の子池までは2kmばかり砂利凸凹が有ります。
e0003910_17553887.jpg

      何処かの山からの湧水だろが,忍野八海の様に観光化してなく 神秘的でした。
e0003910_1756246.jpg

e0003910_17562865.jpg


納沙布ー弟子屈ー摩周湖ー神の子池ー今日は硫黄山に戻って川湯温泉に泊まる,たった 280km 走っただけ。 泊まりは始めて温泉宿 8700円安かった。
 

9月22日 川湯ー弟子屈ー阿寒ー足寄ー日勝ー苫小牧   札幌ドームー苫小牧泊 

川湯からは 弟子屈にでて阿寒湖は素どうり・・二人共マリもっこり以外見るものが無いと言う意見。足寄をめざす・・・
e0003910_18181671.jpg

途中止まって 写した畑・・・何でしょう?
e0003910_18194144.jpg

足寄から高速に乗った。 昔は砂利道を 日高まで大変だった。
e0003910_1820129.jpg


e0003910_18262916.jpg

十勝清水で 高速をおりて 日勝峠へ 高速を降りても素晴らしい広い道が続く
e0003910_1828428.jpg

1971年7月 日勝峠
e0003910_18544377.jpg

2010年 9月 日勝峠
e0003910_1835415.jpg


今の 日勝トンネル と 41年前1971年の 峠
e0003910_18373860.jpg

あの時も川湯から同じ道を125ccで苫小牧まで走ったな~
e0003910_1838143.jpg

13時前 苫小牧到着 358km走った Sさんは苫からフエリーで東京へ・・現役の社長さんですから。早く帰ってお仕事? ここでお別れ 私は予約してくれてある ホテルへ
e0003910_8584826.jpg

41年前 のガールフレンド達 まだテンエイジャーだった 王子製紙労組前1971年
e0003910_8591918.jpg

ホテルで着替えして シャワーの時間も呉れないで 車に乗せられ 札幌ドームへ連行~~
e0003910_954477.jpg

いまは孫もいる60代になったガールフレンド達 旦那たちはどちらも王子の管理職だけど10年以上後輩。
e0003910_962068.jpg


e0003910_1354141.jpg

日ハムの応援席 攻撃中はズーット・スタンデイングオベイション守備の時は座れます,今日は朝食川湯・ランチ日勝峠・野球弁当は手作り幕の内 ツーリング中で,初めてまともに3食食べたから。応援スクワットは いかったかも稲葉ジャンプは残念ながら経験できなかった。
e0003910_136450.jpg

すごい充実した  1日だった!!!
 
9月23日  小樽ー積丹ー羊蹄山ー支笏湖ー苫小牧 車に乗せて貰って1日ドライブ

                            運河通り
e0003910_920187.jpg

                         小樽観光の目玉匠の店が並ぶ
e0003910_9211610.jpg

                       コーヒーCUPの貰える銀の鈴カフェ
e0003910_9224376.jpg

積丹に行く途中 島泊で見た ローソク岩47mも有るそうだこの辺りは奇岩の宝庫
e0003910_9235283.jpg

北側から見る 羊蹄山のカルデラ 「マッカリヌプリ」 
e0003910_9264254.jpg

蝦夷富士 羊蹄山 南面から見る
e0003910_9285956.jpg

支笏湖から見る 恵庭岳
e0003910_13452714.jpg


                        9月24日
朝5時出発   今朝はこの人に逢わねばならぬ  http://8625.teacup.com/bmw/bbs  
苫小牧ー白老ー洞爺湖・昭和新山までは 暗い国道をとばして
室蘭で朝日が昇る。
e0003910_1184230.jpg


昭和新山誰も居ないわな~~朝早いもん
e0003910_0233491.jpg

有珠山 10年前に来た時は 噴火あとで ロープウエイ 動いてなかった
e0003910_0243859.jpg


直ぐ引き返して 洞爺ICから高速にのる・・・・
暫くして 海が右手にあるぞ・・・ギャー(>_<)戻ってる~~~ボケその3
幸いセンターラインは ゴムのポール ソレッUターン・・・そういえば昔90sで恵那山トンネルがまだ 1本しかない頃 トンネルの前でUターンしたな~~

函館には到着したが http://8625.teacup.com/bmw/bbs さんには逢えなかった 11月にフエステバルで会いましょう
青函連絡船は往復買ってあったので帰りは安心 しかしあの車の乗り込む巨大ラダーの凸凹ゴムで海水で濡れていて ヤバイナー 床面も4輪を固定するデカイ鎖の曲 バイク乗りには恐怖だわ 登る途中で1台転んでましたアメリカンが・・・・・
e0003910_1104044.jpg

本日 走行290km  11時30分乗船 さよなら北海道。
PM4時に青森上陸 ホテル4000円  メインストリートを散歩したが・・・
少し寂しい  食べる場所も見つからず  コンビにでおにぎり買ってホテルでTV見ながら
一人のんびり 夜はふける。

9月25日 朝6時発 東北道ー磐越道ー関越道ー北陸道ー長野道ー中央道ー夕方6時春日井

台風の影響で東北は太平洋側も日本海側も 嵐の予報,計画の下道のんびりは中止と決定 それなら一気走りやったろか・・・・・・

朝6時ホテルを出る 青森駅で東北JR車両と
(昭和39年)7月31就航最後の 青函連絡船八甲田丸の写真撮る
e0003910_17135950.jpg

e0003910_17143870.jpg


高速探して乗ったらガラすき,東北道まっしぐら100km/hを目指して走るが給油の度に平均速度は落ちるー磐越道 磐梯山高原SAで2度目の給油と喜多方ラーメンー食べた美味くなかった。

雨がやんで手袋取り替えた。新潟過ぎてー関越道走っていたら,後ろから警笛ピピー何だろう?止まってびっくり左パニアの蓋が開いたまま,中身は全部振りまいてきた。ボケ,その4

北陸道ー中越ー長野道ー中央高速ーやっと岐阜県に入ったトタン 夕焼けの直射帰ったらドピーカンかよ!

夕方 6時春日井到着 1080km/Day  満足!

データー 春日井→ 青森 1010km 2Days 春日井→栃木 は下道
     北海道    1667km 5Days ドーム・小樽・羊蹄山ドライブ含まず

     青森→ 春日井 1080km 1Day 全部高速道路(但し1000/day)

       Total 3757km 高速料金 長距離分は 2000円
       チョイノリは不明。              ガソリン代不明。












/////////



          
[PR]

by sizuo71 | 2010-09-15 08:22 | 2010.9 北海道へ | Comments(21)

トランスメディア提供アイコン01 113年来の猛暑の中 束の間の涼を求め信州へ

e0003910_133268.jpg


連日38℃になる雨も降らない 2010年の9月大阪の客人のリクエストに答え
リンドウ花咲く 志賀高原へエスコート
パニアケースの中にアイスBOX積み込んで
東海北陸道の川島オアシス道の駅を8時30分集合 ひるがの高原に向かって出発
ひるがのSA混雑通過・荘川ICで金沢からスポーツ・スターのタッチ氏と合流して・・
e0003910_2204396.jpg

安房峠と穂高
e0003910_21593981.jpg

e0003910_1331498.jpg

e0003910_13151398.jpg

荘川・高山・平湯・安房峠・安曇野でやっと止まる気になり.班長&T氏のみ大盛り3枚凄い

私は 量より質 天ざる 3枚と同じお値段。 気温27℃
e0003910_13352530.jpg

松本から再び 高速にのるハーレー3人は 雲をかすみと飛んでった。BMW2人はチンタラ信州中野に向かう。 気温30℃
湯田中で須坂にお住まいでバットさんと同じTRIUMPHにのるAさんと合流6台になる
そこからも フリー走行 私とタッチ氏は 丸池までストレスを発散させた!
e0003910_13534310.jpg

丸池Aコースゲレンデ 雪で白い時は上に立つと直角に見える  気温23℃
e0003910_1354897.jpg

いつもは 木戸池で写真を撮るのだが 今日は6人 熊の湯の硯川ホテルの駐車場で笠岳をバックに 集合写真 この時期昔なら 夜はストーブが入ってた
e0003910_1813323.jpg

こちら標識のむこうに見えるのは 横手山2,307m 若い頃はスキーにシールを付けて朝弁当背負って,5時間かけて登った その頃は熊の湯から上は リフトが無かった 下りはずり落ちながら 30分で帰って一日終了だった。   
e0003910_18143436.jpg


今日の泊まりは 万座温泉 横手の向こう側だ。とにかく白根までは行っとこう
e0003910_18445819.jpg

のぞき小屋の 西がわの谷 秋は紅葉が綺麗
e0003910_18454455.jpg

白根を過ぎた ただ1箇所バイクが置ける 無料路肩 眼下に草津
e0003910_1847630.jpg

e0003910_2241113.jpg

万座温泉 硫黄の湯気上がる湯元    気温15℃ 快感!! ここまで398キロ/Day
e0003910_2243071.jpg

e0003910_2263881.jpg

HOTEL 到着  HDロードキング ・ SportStaer ・ V・Rod ・ BMWR80 ・R80ST
e0003910_7345274.jpg

夕食はバイキング ツーリングの時は バイキングが宴会より 合ってると思う
e0003910_20203461.jpg

朝食もバイキングだよ。
e0003910_2021372.jpg

AM 9時 万座を出発 草津へ エスコート
e0003910_20223082.jpg

e0003910_20231816.jpg

     白根外輪山
e0003910_20355379.jpg

            草津温泉が見える
e0003910_19394181.jpg

なんでかな~ 走り出すと行って仕舞うのだよね~ 時間も充分有るのに・・・・・
e0003910_19421475.jpg

あっと言う間に 草津まで下りちゃった 草津温泉湯畑見物今年4回目・・・
e0003910_19425240.jpg

草津から三原に下る途中から 金沢のT氏 又万座方面に右折 昨夜から毛無峠に行って見たいと言っていた。 ここから4台で吾妻を鳥居峠にむかった。

e0003910_19485027.jpg

上田ICから 梓川SAまでは例によって フリー走行  PM12時到着暑いのに勿体無い話だ。 梓川SAで 流れ解散 Sさんは大阪まで帰らねばならぬ・・また酷暑との戦いだ。
で私と班長は 飯田から東へ天竜川を渡って 「しらびそ高原」に行くことにした。
飯田ICを出たら コンビにでおにぎり2つ買いその場で昼めし PM1時半

班長の案内で名もしらない村を抜けてゆく暑かった道だが 矢筈という暗い長いトンネルに入るとまるで冷蔵庫に入ったように冷たくなって。 道は舗装林道になりグングン登る。空模様が怪しくなった・・雨の用意はしてないぞ!!

e0003910_21382177.jpg

e0003910_21404197.jpg

                 残念 南アルプスのパノラマは 雲の中・・・・
e0003910_21354189.jpg
e0003910_2136891.jpg

ここで タンクの中を覗いて ドキッ! 無い! R80はいいが 80STはガソリンタンクが 14Lしか入らないのだ。。。。。
幸い 頂上から天竜村までズーット下り 退却っ~~

e0003910_742787.jpg


e0003910_7434345.jpg

長い長い~~~長い つずら折れの降りを延々1時間 4速全閉で天竜川へ・・たった1軒開いていたガソリンスタンド 満タン 13.8L ウワ~~~空ッポ!!! 冷や汗(>_<)n
e0003910_7465835.jpg


ここは何処? 突然エンストです ホーンもウインカーも作動しません・・昨夜MFバッテリーの突然死の話をしていたのだ・・・(>_<)m 班長曰く平谷まで30分ぐらいだ!
e0003910_7451093.jpg

参ったな 後藤くんちに行って軽トラック借りてこようか? 所が班長の携帯電池ダメ 私のは山間部よわい iphone でも掛かった。 平谷まで班長がトラック借りに走ってくれた。

暫くして後藤くんから 「家にBMW用のバッテリーが有るそれと交換したら」
うんしかしトラッツクが帰ってくる頃は 真っ暗な山の中・・・・

でもバッテリーの電話で閃いた。 バッテリのターミナル!!!!!!
やはり当たった。 振動でボルトが緩みあわや落ちかけていた。なんたるドジ!!
20分班長に遅れたが 売木 平谷とぶっ飛んだ・・・・・
幸い道も間違えず 平谷に入ったところで 軽トラックと遭遇 ホッ!

後で分かった事だが 電話のSOSのあいて後藤くん 苫小牧からの電話だった。
参りました。 本日443km/11h 苦労の跡がうかがえるでしょ(>w<)~

前日398キロ/7h

毛無峠に行った 金沢のT氏から毛無峠の写真が送られてきた。これは秋に行ってみよう
e0003910_23231326.jpg


e0003910_23233618.jpg

[PR]

by sizuo71 | 2010-09-06 13:11 | 2010年 の旅 | Comments(7)