トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:2010.9 北海道へ( 1 )

トランスメディア提供アイコン01 41年ぶりの北海道ツーリングに 出かける

始めて青函連絡船に乗ったのは57年前・・20才だったかなあ~~
その半年前の台風海難事故で 転覆した洞爺丸が 函館湾に真っ赤な船腹を見せヒツクリかえっていた・・・・・

始めてYA-125で 北海道を走ったのも, もう41年も前 35才の時だった
e0003910_835374.jpg


バイクに乗り始めた当時は道路はそれは酷いものだった バイクだってまだリアはプランジャータイプ。 ソレでどこにでも防塵メガネ防塵マスクで 出かけたもんだ。
Offロード専用のトレールバイクが出た頃は 日本のメイン道路は全部舗装されて・・・
砂利道 泥道は探して走りに行くのだ・・・人間って勝手なもんです。

9月17日出発に選んだのはBMW1200GS カバン3個ぶらさげるとその重さは多分 2サイクルのYAー125ccの 3倍近いな~

「トルクバー可変式に注目」↓ 24年6月新記入
e0003910_8224741.jpg


そのパニア 雨漏りの噂を聞いたので昨日雨の中 2時間走って 4時間ぐらい雨中に駐車しました。合格です。
 
9月17日 朝9時家を出る

e0003910_7543455.jpg

早々にポカ しっかりRock した積もりが・・・・ETCゲート手前で ガタン! パニア片方落ちゃった「中津川IC」
料金所の叔父さんが拾って 走って持ってきてくれた。    ボケその1
あらら!! でも走ってる最中だったら と 思えば不幸中の幸いか? 先行き不安

2人の仲間が 木曽路を伴走 和田峠まで見送ってくれた!
e0003910_189268.jpg

e0003910_18113444.jpg

 一人のんびり 佐久から内山峠を越えて下仁田へ  「荒船岳」
e0003910_18115651.jpg


9月18日 今回同行のS氏と 東北道佐野藤岡PAで 8時合流 3連休初日の為,東北道は大混雑,おまけに事故渋滞も重なって・・・菅生PAあたりまでまともに走れなかった。
菅生でお昼休憩 ランチは 牛タン丼でした味はお値段それなり。
e0003910_2345753.jpg

お仲間さんでは有りませんが やけにBMWのGSが多い日でした。
e0003910_2352010.jpg


それでも PM5時には 青森フエリー埠頭に到着 しかし! なめたらいかん! 予約なしで来たから満員で積み残された(>_*)あ~船は出てゆく 煙は残る・・・・”
次の出船は22時・・・

e0003910_100528.jpg

待つ事5時間 やっと22時乗船    ここまで栃木から640km 燃費23.3km/L
e0003910_1005411.jpg

乗船と言う間際になってSさんの 1150ロックスターのエンジンがゴネタ!
セルは回るが 遊星ギアーが噛み合わない・・・ とりあえず誘導員たちの助けで押し上げる
さあ? 困ったぞ~~
船室に入ってから 岡崎R・バロン本社技術部長 Oさん自宅に電話・・・・出てくれたホッ!症状を話しアドバイスを貰う 彼とは42年来の 付き合いだ。お陰で3時間熟睡・・・・・・

函館到着のアナウンスに目をさまし。バイクの場所に,ゲートOpenうわ~!雨だ!
この雨の中 ロックスター押し掛けかあ~~? しかし 1階に乗っていたロックスターは何故か エンジンかかって下に待っていた・・・・
それから 予約したホテル探しに 雨の中  ホテルでベットに入ったのはAM3時だった。

9月19日  函館着夜中2時・・・・・・・朝9時スタート 

Sさん 目の調子悪く 函館市内で薬屋さんを見つけ目薬を買う。しかし市内からR5に辿りつくのに川湯温泉に迷い込み タクシーの女性ドライバーが
親切に教えてくれて無事 函館脱出
e0003910_20304896.jpg

高速のPAから 有珠と昭和新山が見える。Sさんの好みはソースかつ丼 薄緑のポーチと帽子は 薄緑のBMW1150R とカラーコーデネートの様子

e0003910_20313199.jpg

e0003910_20321038.jpg

苫小牧ー鵡川を過ぎて高速は終わり。今日の目的地 襟裳へ急ぐ。
何処かの?交差点で両足付きながら 左足でニュウトラル探してたら・・右にグラッときた懸命に堪えたが 所詮60kgの我が体重・・・ゴロン!(*_*)
Sさんに助けてもらって起こした・・・・・がそこから ブレーキが利かない・・
ABSのランプが ひっきりなしに点滅 ブレーキサーボが 故障??? とにかくシフトダウンで 停止しながら・・・浦河町に到着町はお祭り 今日はここで泊まりましょう 本日走行 355km ウエリントン・Hotel 5500円 浦川って競走馬の産地で有名だそうです

e0003910_21501673.jpg

襟裳の手前40km の小さな町だが・・お神輿を担ぐ女性は 何処かからスカウトして来たのでは? 垢抜け過ぎだわ,おまけに外国人のお姉さんまで・・地元産なら美人が,馬に勝っている
e0003910_21515263.jpg
e0003910_21521168.jpg

夕食は ホテルを出てお寿司屋さんへ お医者さんに止められてるコレステロール丼!
3里はなれりゃ 旅の空ってか?「うにいくら」お値段?Sさんの奢りだから分からない?
e0003910_1774286.jpg


夜9時過ぎ 又 R・バロン Oさん宅に電話,「たちごけのアト1200GSのブレーキ
が きかないんだけど」 ABSのランプ点滅・・・「あ~ブレーキランプスイッチ点検して見て下さい多分スイッチが STOPの状態ですよ」「だからサーボモターが回らない」
朝起きて点検したさすが校長先生のおっしゃる通り右ナックルガードが移動してレバーが戻ってなかった感謝感謝    ボケその2


9月20日  浦河ー襟裳ー釧路ー厚岸ー根室  402km

岬への道 襟裳の秋~は どんより雲がかぶってました
e0003910_17313844.jpg

e0003910_17185312.jpg

曇っていて 朝早くて 少し寒い襟裳でした。
e0003910_17194630.jpg

e0003910_1730630.jpg

e0003910_17304222.jpg

襟裳岬からの海岸線は 何処もかしこも 止まって写真撮りたかった。
伝説の黄金トンネルを横目でチラッと見たが 止まれなかった残念,そのむかしこの海岸線に道を通すのは 黄金を敷き詰めるほど金がかかった。という昔話を聞いた事がある。
海岸線は 1人で走ってたら撮影stopで根室まで3日間は掛かるだろう・・素晴らしい

e0003910_2154795.jpg

      私はSさん頼りで北海道地図さえ持ってない ここはどこ? 何処行くの?だ!
e0003910_2161844.jpg

Iphone GPSで現在地を見るSさん科学者だ
e0003910_13595678.jpg

           十勝川河口です
e0003910_1412113.jpg

                                 俺の十勝川!
e0003910_142939.jpg

釧路の海岸にきました・遠くに製紙会社の煙突が見える 日本製紙らしい,王子製紙はどこだ?
e0003910_14154015.jpg

厚岸海岸から 見つけた半島に橋が架かっていた 渡らないと悔いを残しそうなので寄り道
e0003910_19255063.jpg

e0003910_21515439.jpg

                      わけはわからないけど?「ちんべの鼻の岬」?
e0003910_19273990.jpg
e0003910_19283054.jpg

e0003910_19285814.jpg

                        大きくして見ないと分からないよ!
e0003910_19315285.jpg

                           暗いけど 太平洋側です。 
e0003910_19324146.jpg

                     もちろん足は太いが野生では有りません
e0003910_19333899.jpg


       さらに我らは 霧多布岬(キリタップ)と言う名に惹かれて寄り道をします。
e0003910_226597.jpg

キリタップでであった九州ナンバーのBMW軍団 全員60才ははるかにオーバーしてた。
e0003910_12514633.jpg

最高齢は昭和11年打と言う・・・ 中には日田の中野さんを知ってる方も居た!
わあ~爺さん軍団だ  といったら「あんたには言われとうない!」ってやり返された。
e0003910_1252221.jpg

                    霧多布湿原 ちょいしょぼいかな?
e0003910_12525211.jpg

e0003910_153177.jpg

寄り道.道草が多すぎて  根室にたどり着いたら PM5時になってしまった 即1番目に見えた B.ホテルに飛び込む! 4300円安い     今日の走行 402km 
e0003910_15132691.jpg

今日は よく道草しました もっとも明日の目的は納沙布岬 と 摩周湖だけ Sさん未だ
摩周湖見てないそうです。逆に私は何度行っても霧の摩周を見ていない 雨男なのに?

9月21日 ゆっくり起きて 朝食 バイクの所に行くと 懐かしいSL250が・・・

e0003910_8114514.jpg

1970年代これで私も良く走り回った~懐かしい,しかも私と同様 TL125のフロントフエンダー(^0^)/w 元々は短いUPフエンダー,初期型はPケースがマグネシュームなのだ
e0003910_8133594.jpg

                          納沙布灯台
e0003910_12561457.jpg

                        灯台のしたの岩場に 古い難破船が
e0003910_12565268.jpg

海鳥たちの向こうに歯舞か?
e0003910_19584442.jpg

                        2010・9・21朝
e0003910_12574075.jpg

                    返還してくれないから歯舞町造っちゃった??
e0003910_2011365.jpg

納沙布岬からー歯舞行っちゃった,有るんだなこれが。

秋に北海道の牧場地帯を走ると 目にする光景 前々から気になっていた
e0003910_22421120.jpg

e0003910_22494842.jpg

刈入れた牧草を 包んで冬に備えるんだそうです。
e0003910_22555497.jpg


Sさんが摩周湖の階段を踏みしめます。
e0003910_7331828.jpg

                   私も始めての霧の流れる摩周湖を見ました
e0003910_7335975.jpg

e0003910_7344151.jpg

                    ヤッパリ ドピーカン よりコレがいい。
e0003910_735348.jpg


駐車場の叔父さんが あれを写せと言う 雲海の上に浮かぶ雄阿寒岳だそうだ。そばで見るより貫禄だあ~ これは大きくして見て下さいよ。
e0003910_7361517.jpg

摩周湖から 直ぐ眼下に見える硫黄山に急降下,さて今日は目的は果たした,後は是非見て来い,と苫小牧の41年前のガールフレンドからのアドバイスMAILにしたがって 裏摩周清里村に有る 神秘の池に向かうことにした。
e0003910_737346.jpg

裏摩周は チョコット 遠い斜里岳にむかって 何かちがう方向に向かって走って居たが Sさんの GPS で修正しながら 清里にたどり着きました。 神の子池までは2kmばかり砂利凸凹が有ります。
e0003910_17553887.jpg

      何処かの山からの湧水だろが,忍野八海の様に観光化してなく 神秘的でした。
e0003910_1756246.jpg

e0003910_17562865.jpg


納沙布ー弟子屈ー摩周湖ー神の子池ー今日は硫黄山に戻って川湯温泉に泊まる,たった 280km 走っただけ。 泊まりは始めて温泉宿 8700円安かった。
 

9月22日 川湯ー弟子屈ー阿寒ー足寄ー日勝ー苫小牧   札幌ドームー苫小牧泊 

川湯からは 弟子屈にでて阿寒湖は素どうり・・二人共マリもっこり以外見るものが無いと言う意見。足寄をめざす・・・
e0003910_18181671.jpg

途中止まって 写した畑・・・何でしょう?
e0003910_18194144.jpg

足寄から高速に乗った。 昔は砂利道を 日高まで大変だった。
e0003910_1820129.jpg


e0003910_18262916.jpg

十勝清水で 高速をおりて 日勝峠へ 高速を降りても素晴らしい広い道が続く
e0003910_1828428.jpg

1971年7月 日勝峠
e0003910_18544377.jpg

2010年 9月 日勝峠
e0003910_1835415.jpg


今の 日勝トンネル と 41年前1971年の 峠
e0003910_18373860.jpg

あの時も川湯から同じ道を125ccで苫小牧まで走ったな~
e0003910_1838143.jpg

13時前 苫小牧到着 358km走った Sさんは苫からフエリーで東京へ・・現役の社長さんですから。早く帰ってお仕事? ここでお別れ 私は予約してくれてある ホテルへ
e0003910_8584826.jpg

41年前 のガールフレンド達 まだテンエイジャーだった 王子製紙労組前1971年
e0003910_8591918.jpg

ホテルで着替えして シャワーの時間も呉れないで 車に乗せられ 札幌ドームへ連行~~
e0003910_954477.jpg

いまは孫もいる60代になったガールフレンド達 旦那たちはどちらも王子の管理職だけど10年以上後輩。
e0003910_962068.jpg


e0003910_1354141.jpg

日ハムの応援席 攻撃中はズーット・スタンデイングオベイション守備の時は座れます,今日は朝食川湯・ランチ日勝峠・野球弁当は手作り幕の内 ツーリング中で,初めてまともに3食食べたから。応援スクワットは いかったかも稲葉ジャンプは残念ながら経験できなかった。
e0003910_136450.jpg

すごい充実した  1日だった!!!
 
9月23日  小樽ー積丹ー羊蹄山ー支笏湖ー苫小牧 車に乗せて貰って1日ドライブ

                            運河通り
e0003910_920187.jpg

                         小樽観光の目玉匠の店が並ぶ
e0003910_9211610.jpg

                       コーヒーCUPの貰える銀の鈴カフェ
e0003910_9224376.jpg

積丹に行く途中 島泊で見た ローソク岩47mも有るそうだこの辺りは奇岩の宝庫
e0003910_9235283.jpg

北側から見る 羊蹄山のカルデラ 「マッカリヌプリ」 
e0003910_9264254.jpg

蝦夷富士 羊蹄山 南面から見る
e0003910_9285956.jpg

支笏湖から見る 恵庭岳
e0003910_13452714.jpg


                        9月24日
朝5時出発   今朝はこの人に逢わねばならぬ  http://8625.teacup.com/bmw/bbs  
苫小牧ー白老ー洞爺湖・昭和新山までは 暗い国道をとばして
室蘭で朝日が昇る。
e0003910_1184230.jpg


昭和新山誰も居ないわな~~朝早いもん
e0003910_0233491.jpg

有珠山 10年前に来た時は 噴火あとで ロープウエイ 動いてなかった
e0003910_0243859.jpg


直ぐ引き返して 洞爺ICから高速にのる・・・・
暫くして 海が右手にあるぞ・・・ギャー(>_<)戻ってる~~~ボケその3
幸いセンターラインは ゴムのポール ソレッUターン・・・そういえば昔90sで恵那山トンネルがまだ 1本しかない頃 トンネルの前でUターンしたな~~

函館には到着したが http://8625.teacup.com/bmw/bbs さんには逢えなかった 11月にフエステバルで会いましょう
青函連絡船は往復買ってあったので帰りは安心 しかしあの車の乗り込む巨大ラダーの凸凹ゴムで海水で濡れていて ヤバイナー 床面も4輪を固定するデカイ鎖の曲 バイク乗りには恐怖だわ 登る途中で1台転んでましたアメリカンが・・・・・
e0003910_1104044.jpg

本日 走行290km  11時30分乗船 さよなら北海道。
PM4時に青森上陸 ホテル4000円  メインストリートを散歩したが・・・
少し寂しい  食べる場所も見つからず  コンビにでおにぎり買ってホテルでTV見ながら
一人のんびり 夜はふける。

9月25日 朝6時発 東北道ー磐越道ー関越道ー北陸道ー長野道ー中央道ー夕方6時春日井

台風の影響で東北は太平洋側も日本海側も 嵐の予報,計画の下道のんびりは中止と決定 それなら一気走りやったろか・・・・・・

朝6時ホテルを出る 青森駅で東北JR車両と
(昭和39年)7月31就航最後の 青函連絡船八甲田丸の写真撮る
e0003910_17135950.jpg

e0003910_17143870.jpg


高速探して乗ったらガラすき,東北道まっしぐら100km/hを目指して走るが給油の度に平均速度は落ちるー磐越道 磐梯山高原SAで2度目の給油と喜多方ラーメンー食べた美味くなかった。

雨がやんで手袋取り替えた。新潟過ぎてー関越道走っていたら,後ろから警笛ピピー何だろう?止まってびっくり左パニアの蓋が開いたまま,中身は全部振りまいてきた。ボケ,その4

北陸道ー中越ー長野道ー中央高速ーやっと岐阜県に入ったトタン 夕焼けの直射帰ったらドピーカンかよ!

夕方 6時春日井到着 1080km/Day  満足!

データー 春日井→ 青森 1010km 2Days 春日井→栃木 は下道
     北海道    1667km 5Days ドーム・小樽・羊蹄山ドライブ含まず

     青森→ 春日井 1080km 1Day 全部高速道路(但し1000/day)

       Total 3757km 高速料金 長距離分は 2000円
       チョイノリは不明。              ガソリン代不明。












/////////



          
[PR]

by sizuo71 | 2010-09-15 08:22 | 2010.9 北海道へ | Comments(21)