トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:04デナシオン西班牙( 3 )

トランスメディア提供アイコン01 2004 西班牙  コルドバ→デ・ナシオン→バルセロナ

スイスからシンガポール経由で帰って?10日家に居たかな~~?
Team 三谷について成田からJALで アムス経由 マドリードにゆくことになった。 
ひげ親父の代理? そんなわけないはずなのに 
付いていってしまったのだなあ~

団長は出たとこ勝負の三谷知明監督 その弟の神スタ~ニヤ 
Gatti マヤ 助っ人ユウダイに 京都のツヨぼん 静じいの計 7名
アムスまでは順調にJALは我らを運んだ アムスのトランジット4時間です 
奇妙な風采取り合わせ7人は機内食に満足してか? 
レストランに入る気配も無く ブラリ ブラリ

ところうが 4時間待ってもマドリード行きのゲートには LATER の掲示板のみ   おいおいもう5時間半以上待ってるよ。 マドリードに着くのはPM1100は過ぎちゃうよ!9月の末なのに寒い空港で6時間待ってやっと。イベリヤンAIrにのった。 マドリードに降りたのはもう日付けがかわっていた。 空港レンタカーのハーツの窓口は閉まってる となりのAIVISは開いてるのに
西班牙語はGatti 神スタ~ニヤにおまかせ  国際線は閉まってるが国内線の窓口はやっているらしいとのこと 重いカバンを引きずって移動~やっと 7人のり大型VANを借りた。

少し暗闇を走っただけでAM2.00 HOTELの駐車場に止ってる寒~い 
☆☆☆だ うーん高い 選手2人と老人は戦いに備えて HOTELに泊まる。
あとの4人は駐車場で車中泊です予算もギリギリですからね~~
早朝AM2.00に寝て 7時には寒いので車中泊組みが 風呂に入りにやってきたHOTELのおやじが怒ってる でも私達スペイン語わかりましえ~ん 朝食取るからカンベンしろ!!
e0003910_18171577.jpg
e0003910_18165940.jpg

まるで アリゾナの砂漠を行くような風景 風力発電タワーが林立している ↑
e0003910_18222417.jpg

コルドバに着いた だが会場探しと宿舎探しで日が暮れた レストランだか?宿だか?わからないが何しろ1室18EURぐらい 安い ソレを話したら健ちゃんと二郎くんも付いて来た。
e0003910_1828070.jpg

あニシマキ丼 安いホテルの話をしたら 俺達も行く・・・でも行く途中で小奇麗な☆☆を見つけた
e0003910_18345564.jpg

e0003910_18355022.jpg

うへ~~スゲ^-セクション だぜ !ライア に合わせやがったな~ ↑
e0003910_21324910.jpg

世界戦前のマヤマヤ あっつけらか~ん ↑ だってこんな子も出るのだもん ↓
e0003910_21342715.jpg

あたいスサーナって言うの13才よだから来年14よ!アイルランドTeamさ ママおなかすいちゃったあ~ クッキー買って来てよ ↓
e0003910_21381575.jpg

コルドバの 最終セクションのオブザーバーおばちゃんたち ↓
e0003910_23302445.jpg

マア1年前のデナシオンの事だから いまさら成績なんか わかってるから書きません何しろ夜と昼間の気温差の凄い事 と言っても9時10時は昼間の40℃の余熱があって扇風機がいるのだが 朝方にはもう20℃を下回ってる。朝食は硬いパンとミルクコーヒー ランチが困りものなんです ハムとか 肉類は テントに冷蔵庫なんかあるわけも無く 腐るから買って行けません
リンゴ とまと ジュース&固いパン これが試合中4日間の昼食。 夜だけは泊まっている宿の
レストランの中でそれぞれ栄養補給は出来るのだが。 私の口に合うものはメロン以外ありませんでした。 Gatti に 静さんは先にデザート注文するから あと食べられへんのや~~
e0003910_23441926.jpg

ネ 林檎とお水だけでしょ ↑ このマシンは神すた~にやのお助け用 ↓
e0003910_23452318.jpg

e0003910_923592.jpg

暑そうな真昼 FIMの受付 ↑  選手達の心の準備も進行中 ↓
e0003910_951491.jpg

e0003910_95230.jpg

数は少ないが応援体制も準備OK 
e0003910_18485937.jpg

で突然,日本なでしこは フランスと同点1位を獲ってしまいました しかしクリーン数の差で2位でした FIM傘下の外国勢は びっくり仰天したでしょう 男子はスペインTeamが地元だから もう始めから1位はわかってました しかし男女共に Team Japan はコルドバの馬鹿妖気にあてられ 酷暑との戦いでした。 遠い海を渡って食べる物の環境もままならず 予算が許せばもう少し体力の付く食事も獲れた・・・毎年まあこんな状態で戦ってます。
ここからは ライバルの美女アルバム  ↓
e0003910_1826898.jpg

e0003910_1826498.jpg

e0003910_1827245.jpg

e0003910_18283754.jpg

e0003910_1849710.jpg

英国でもアイルランドチームのゼッケンには旗が無い? ↑
このデ・ナシオン のトロフイを 日本に持ち帰る日はあるのだろうか カベスタニーが睨んでるその後ろに見えるのは 旧コルドバ監獄の監視塔の窓  ↓
e0003910_18591062.jpg

さて!終わったらさつさと帰る う~むバルセロナに向け走る 途中1泊した様な気がするのだが定かではない 当然何処かもおぼえていません。 バルセロナについてすぐアルカラス(元世界選手権出場)の店に立ち寄って バルセロナ Moto 情報をしこむ。
e0003910_22285481.jpg

前を行くのは MITANI号 写真は生野さんの車から写した物。
e0003910_22415687.jpg

バルセロナ の アルカラツのお店
e0003910_22425163.jpg

シエルコのSSDT優勝記念マシンも並んでた ↑スコルパのEXパイプ  ↓
e0003910_22442757.jpg

寄り道したので 藤波家に付いたのはPM900頃 
e0003910_22484340.jpg
e0003910_22512444.jpg

e0003910_22564096.jpg

もう皆眠そう・・・明日はホンダモンテッサ工場見学
e0003910_2302613.jpg

朝 藤波家の近くのHOTELからの景色 これで近くに高級ヨットハーバーあり。

e0003910_2245312.jpg

e0003910_2248467.jpg


HONDA モンテッサ工場見学 ↑ ガウデイ サクラダファミリア  ↓
e0003910_22563794.jpg

2005  の写真集は 高橋摩耶ちゃんの 獅子奮迅HPへ行って見てください
http://shishifunjin.nobody.jp/photo/A6_1.htm ここです!
[PR]

by sizuo71 | 2005-10-10 22:57 | 04デナシオン西班牙 | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 2004年 9月 Fujigasの世界制覇をこの目でみるために!俺はどうしても行きたかった

このときも1人ではレンタカー借りられないので思いついたのが藤秀さん, 「電話で
先にチュウリッヒに先行して1泊 空港レンタカー受付で待って居るから。
乗せていって!  はいはい泥さんも一緒です, B&B も3人分取ってあげるよ!
ヤッタア! 実はもうシンガポール航空スイス往復73000円がGet してあった。
 
下の写真は決戦前日のFujigas である この写真を
撮影した後 ビデオカメラを コンクリートの上に叩き落としました。まともな写真は
多分これだけ 後はピンボケばかりです。
この手は藤波君よりでかいが! 手を前に出したから顔より大きくなったの
e0003910_23114683.jpg


e0003910_814855.jpg
e0003910_815539.jpg

苦節9年チャンピオンになったフジガス ↑この2週間後にライアもチャンプに ↓
e0003910_1741851.jpg

最終戦を まえに 余裕でキャンパーの中で PC 眺めるチャンプ目前の Fujigas
e0003910_1941395.jpg

e0003910_8163280.jpg

この人モンテッサホンダの社長さん ↑
e0003910_819943.jpg

みんな戦い終わればお祝いに駆けつけてくれた。
e0003910_16512845.jpg

オスカルさんは仲良し SSDTでお世話になりました ドギーのメカニック ↑

今はドイツ在住の高橋さん カメラを壊して寂しそうな私に1日自分のビデオ
カメラを貸してくださいました  ↓
e0003910_16591581.jpg

e0003910_1753036.jpg
e0003910_176110.jpg

大会終わって一人で会場を離れました スイスの電車で 3回乗換えてインターラーケンへ
それから登山電車でグリンデルワールドで,3泊してユングフラウに行きました

Team 三谷の赤いTシャツが はじめてEU No1の高原を歩きました。
e0003910_1719367.jpg

ユングフラウから  メンヒまで雪の上を 往復2時間
e0003910_17212688.jpg

グリンデルワールド Hotel の前は アイガー北壁 ↓
e0003910_17235524.jpg

e0003910_21491667.jpg

グリンデルワールド 展望
e0003910_21514089.jpg

シーニゲ・ブラッテからみる  ベルナーオーバーランド
e0003910_21543757.jpg

インターラーケンを見下ろす シーニゲ・ブラッテ 1957m ↑に登るトラム
e0003910_22135089.jpg

シンガポールの スクーターについていたETC Moto ほとんど付けている
e0003910_2216898.jpg

ヨーロッパ行き南回り ・・・それはそれは大変なんですよ。 名古屋ーシンガポール
7時間 乗り継ぎ待ち時間8時間 シンガポールーズーリッヒ 8時間 うん?
台北にも降りたかな? そんでね・・・帰りがもっと凄い シンガポール→名古屋
のトランジット待ち時間 18時間・・・・しゃーないからHotel 2泊したけど
外の暑いのなんのって  逃げ帰ってHotelに戻ると 空調はまるで冷凍室・・・・
喉はやられる間接は痛くなる もう二度と乗らない  シンガポール航空・・・・・
しかし スッチー(CA)は世界一ビュウチフルでした  ほんまの話。

そのくせ 帰って10日経たないうちに Team MITANI と共にデナシオン応援にJALで
スペインに向かっていた。 JALの スッチー &エコノミー席 最悪デシタ
[PR]

by sizuo71 | 2005-09-29 21:22 | 04デナシオン西班牙 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 2004年 7月  5年振りの アラスカ,

始めは北欧に行くはずだったがレンタルMoto が揃はない ノールエーも
スエーデンも では7月にゆくなら アラスカがいいだろう
メンバーは 初めてコロラドに行った 同級生トリオ 勘佐 橋本(昭) 竹尾 
それに岡山から平田 青山& 橋本(兄) と 私 
レンタMOTOは HDロードキング2台 残り5台はカワサキKLR650cc
アンカレッジは日本から直行便はない 大韓航空で インチョン経由で7時間
で アラスカ山脈に到着する。 ↓
e0003910_20225572.jpg
e0003910_20232118.jpg

Phil とは5年ぶり レンタル と アラスカツアー会社の社長になっていた。
e0003910_20285251.jpg
e0003910_20293828.jpg

デナリーハイウエー数100キロ直線 ↑この写真はクリックしてオリジナルサイズで
是非見てくださいね。
e0003910_2328253.jpg
e0003910_2328203.jpg
e0003910_2329064.jpg

橋本一雄  伊藤 青山 ↑ 
e0003910_23361594.jpg

e0003910_23304594.jpg


e0003910_1221439.jpg

e0003910_122124.jpg

スワード ロシヤからアラスカを購入した当時の国務長官の名前をつけた港町 ↓スワード

e0003910_1643381.jpg

e0003910_1635758.jpg

この挿絵を描いた橋本昭さんヒゲ面の人  ↓この3人大学同級生
e0003910_16345847.jpg
e0003910_16352174.jpg

実物大の 「おひょう」 アラスカひらめ ハリーポーッタ 切り身のフライが旨い
e0003910_2165935.jpg

高さは160~80mは有るとおもう 船は500mぐらいまでしかが近ずけない。
e0003910_21103386.jpg

このときは余りOffを走ってない ハーレーも一緒だからね。
2005年は  おもいきり Off をはしりましたよ~~~~~~~
[PR]

by sizuo71 | 2005-09-28 12:28 | 04デナシオン西班牙 | Comments(2)