トランスメディア提供アイコン01 BMW G650X  ドライサンプとは知らなんだ~~

e0003910_16283743.jpg


今年の冬 2代目の1200GS に別れをつげ。代わりに東京から譲り受けた G650Xcountry
4月になってから 冨士山 5月 寸又峡温泉 近場ちょいのり と走ったので OIL交換しよ

簡単に前乗ってた 650GSパリダカ と同じ 要領で・・・・クランクケースから OiLを抜いた
e0003910_16375513.jpg

                    (抜けた約2L)ココから
e0003910_16381848.jpg

この時点では 私 こいつが ドライサンプとは 解ってない・・だって ちゃんと2立ぐらい 抜けた?
e0003910_1641648.jpg

オイルタンク・レベルゲージ まだ ドライサンプに気が付いてない,Triumph TR120と分かれて
かれこれ7年,OiL交換はオイルタンクから抜いていた事・すっかり忘却の彼方・・か呆けか?
e0003910_16465426.jpg

鼻歌でココから モチューウル鉱物油 を ロトを介して ドクドクドク・・あらら? 足元にOiLの池???

福田モータースさんのサービス窓口に電話 「かくかくしかじか」 FUKDAさん「エ?クランクケースから
2LOiLが抜けました?? それドライサンプですからOiL抜きは OiLタンクからですよ」
e0003910_1702095.jpg


「オイルタンク横後ろに OiL抜きが有るでしょ」  ア 有る!  ↑
エエエ? ドライサンプ? そういえばG650Xチャレンジャに乗ってる大ちゃんがOILの抜き方を
f/bで 写真入りで 教えて呉れてたっ!    さあ如何しましょう?

下から 2立抜けた・・・タンクには0.5Lぐらいしか 入ってない・・・・困ったぞ
タンクに蓋をして エンジンをアイドリングさせて見た・・・・エンジン 止めてタンクを覗く 減ってる
Oil 継ぎ足し  又アイドリング・・・コレを 4回 繰り返した  結局の所 Oil は 多分 1.5L は入った
しかし  レベルゲージは Hレベルだ !

4日前 知多半島一周160km 走って来て如何して? OILタンクのオイルが クランクケースに
落ちたのか? FUKUDAさん も DAZUさん も 私も  原因がわからないまま・・・・・

OiLポンプは クランクケースから油を汲み上げて エンジンヘットから OiLタンクに循環して戻る
これが OHV バチカルツインに乗ってきた オールドタイマーの 常識なんだけど・・・・
謎を抱えたまま、 G650X は次の ツーリングを  待ってます。
e0003910_1744123.jpg

         2014  6  27日

前オーナから早速 MAIL 頂きました。

伊藤様

こんばんわ。
オイル交換は取説に写真入りで掲っていたように記憶しています。

①オイル交換はオイルパン下のドレインプラグをはずします。
②シート下左にあるエンジンオイルタンク(オイル量を測るゲージがついているタンクです)の下のプラグ(キャリパーからブ
レーキ液交換やエア抜きするときに使うようなゴムキャップをかぶせたバルブ←グリスアップするときのニップルのようなもの)
を少し緩めるとタンク内のオイルが排出されます。 ※緩めるだけで外さないでください。
なお緩める前に、このバルブ(ニップル)の径に合うビニールホース(50~60cm)をはめ込んでおいて、廃油受けに排出すると、
周りが廃油で汚れません。

新しいオイルを入れる際は、まず2ℓほど 【少しづつ、ゆっくり】 オイルタンクに入れます。 (ガバッと入れると溢れます)
エンジンを始動してアイドリング、ラジェターの冷却ファンが回るまで待ちます。
ファンが回りましたらエンジンを停止して、2~3分経ってからオイル量をゲージ(ディップスティック)で確認して、適正量まで
補充してください。
※メーカーの指定は温間時、オイルが熱で膨張した状態のオイル量です。
※すべてのエンジンのオイル適正量は、ゲージのFULLとLOWの中間です。多過ぎはクランクでエンジンオイルを叩き出力が
出ず、またオイルを劣化させます。
通常どのウェットサンプのエンジンでも、仮にオイル量が少なくても、ディップスティック(ゲージ)の先端にオイルが付く状態でしたら
エンジンが焼付くようなことのないように設計されていると聞いています。

ディーラーでG650Xのオイル交換をする際は、ドレンプラグから抜くと手間がかかりますから、サクションポンプで上から抜くところが
多いようです。
私はそんな仕事が嫌いで 自分でやります。

チェインオイルは何をお使いでしょうか。
私の経験では MOTUL がベストでした。スプレー時はサラサラで余分なグリスをふき取りやすくて、少し時間が経つと粘度が増して
飛び散りません。
[PR]

by sizuo71 | 2014-06-27 16:57 | 愛車     | Comments(2)

Commented by 班長 at 2014-06-27 21:22 x
取説は見たのですか?
Commented by sizuo71 at 2014-06-27 22:34
見ましたとも しかし オイル交換はデーラーで,このエンジンは
ドライサンプ だから オイル抜きはオイルタンクから抜いて
等 一切書いて有りません。

<< 久し振りのビンテージモトクロス... 故郷 愛知にも沢山知らない山や... >>